『平成怪奇小説傑作集2』東雅夫編(創元推理文庫)★★☆☆☆

『平成怪奇小説傑作集2』東雅夫編(創元推理文庫) 後半は『幽』やてのひら怪談作家が占めます。ということは怪談実話ブームもこの頃だったでしょうか。 「匂いの収集」小川洋子(1998)★★★★☆ ――僕は彼女に髪をといてもらうのが好きだ。彼女が触れたとたん…

『いただきます。ごちそうさま。 怪談えほん13』あさのあつこ作/加藤休ミ絵/東雅夫編(岩崎書店)、『おめん 怪談絵本14』夢枕獏作/辻川奈美絵/東雅夫編(岩崎書店)

『いただきます。ごちそうさま。 怪談えほん13』あさのあつこ作/加藤休ミ絵/東雅夫編(岩崎書店)、『おめん 怪談絵本14』夢枕獏作/辻川奈美絵/東雅夫編(岩崎書店) 怪談えほん第三期の第二回配本と第三回配本です。第二期の高橋克彦はいつの間にか中止…

『ドラキュラ紀元一九五九 ドラキュラのチャチャチャ』キム・ニューマン/鍛冶靖子訳(アトリエサード)★★★★☆

『ドラキュラ紀元一九五九 ドラキュラのチャチャチャ』キム・ニューマン/鍛冶靖子訳(アトリエサード) 『Anno Dracula 1959: Dracula Cha Cha Cha』Kim Newman,1998, 2018年。 創元推理文庫から出ていた『ドラキュラ崩御』に、中篇「アクエリアス」を併録…

『爆弾魔 続・新アラビア夜話』R・L・スティーヴンソン&ファニー・スティーヴンソン/南條竹則訳(国書刊行会)★★★☆☆

『爆弾魔 続・新アラビア夜話』R・L・スティーヴンソン&ファニー・スティーヴンソン/南條竹則訳(国書刊行会) 『More New Arabian Nights: The Dynamiter』Robert Louis Stevenson and Fanny van de Grift Stevenson,1885年。 『新アラビア夜話』第一…

『探偵ジェスパーソン&レーン 夢遊病者と消えた霊能者の奇妙な事件(上・下)』リサ・タトル/金井真弓訳(新紀元社)★★★★☆

『探偵ジェスパーソン&レーン 夢遊病者と消えた霊能者の奇妙な事件(上・下)』リサ・タトル/金井真弓訳(新紀元社) 『The Curious Affair of the Somnambulist and the Psychic Thief』Lisa Tuttle,2016年。 『幻想と怪奇1』(→記事を見る)に訳載され…

『幻想と怪奇』14【ロンドン怪奇小説傑作選】

『幻想と怪奇』14【ロンドン怪奇小説傑作選】「ロンドン怪奇小説地図」「アッシュ氏の画室」H・R・ウェイクフィールド/渦巻栗訳(Mr. Ash's Studio,H. R. Wakefield,1932)★★★☆☆ ――道路工事が終わるまで、別の仕事場を借りなければ長篇小説を完成させら…

『ヤンのいた島』沢村凜(角川文庫)★★★☆☆

『ヤンのいた島』沢村凜(角川文庫) 日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。 大西洋の南回帰線近く、ジグソーパズルの一片のような形をした通称「ジグソー島」にある小国イシャナイ。その離島である菱島にようやく調査団の入国が認められた。一介の大学…

『ドラキュラ紀元一九一八 鮮血の撃墜王』キム・ニューマン/鍛冶靖子訳(新紀元社)

『ドラキュラ紀元一九一八 鮮血の撃墜王』キム・ニューマン/鍛冶靖子訳(新紀元社) 『Anno Dracula: The Bloody Red Baron』Kim Newman,1995/2012年。 増補完全版第二弾。『ドラキュラ戦記』からは割愛されていた一章が追加されたほか、書き下ろし中篇や…

『ドラキュラ紀元一八八八』キム・ニューマン/鍛冶靖子訳(アトリエサード)

『ドラキュラ紀元一八八八』キム・ニューマン/鍛冶靖子訳(アトリエサード) 『Anno Dracula』Kim Newman,1992/2011年。 創元推理文庫から出ていた『ドラキュラ紀元』の増補完全版。 『ドラキュラ紀元一八八八』(Anno Dracula,1992) 改訳はされているも…

『七夜物語(上・中・下)』川上弘美(朝日文庫)★★☆☆☆

『七夜物語(上・中・下)』川上弘美(朝日文庫) 川上弘美による児童文学。 クラスメイトとはうまくつきあっているけれど、本が好きなことは隠している小学四年生の鳴海さよ。エキセントリックで嫌いなものが多い母親にも図書館通いを隠しています。離婚し…

『20世紀ラテンアメリカ傑作選』野谷文昭編訳(岩波文庫)★★★☆☆

『20世紀ラテンアメリカ傑作選』野谷文昭編訳(岩波文庫) 一番新しい作品で1991年、古いものだと今から百年以上前の1912年の作品が収録されています。テーマごとに四つの部に分けられていますが、各テーマの範囲が広すぎてテーマ別に分ける必要性が感じられ…

『幻想と怪奇』12【イギリス女性作家怪談集 メアリー・シェリーにはじまる】

『幻想と怪奇』12【イギリス女性作家怪談集 メアリー・シェリーにはじまる】「A Map of Nowhere 11:メアリー・シェリー「変化」のジェノヴァ」藤原ヨウコウ 『新編怪奇幻想の文学1 怪物』より、とあります。よって今回は本文は無し。 「イギリス怪奇小説・…

『鹿の王 水底の橋』上橋菜穂子(角川文庫)★★★★☆

『鹿の王 水底の橋』上橋菜穂子(角川文庫) 『鹿の王』の続編です。とは言っても片方の主人公であったヴァンやサエたちは登場せず、ホッサルとミラルたちの話になります。 前作で結局は袂を分かったかと思われた清心教祭司医の真那とは、その後も良好な関係…

『鹿の王 全4巻』上橋菜穂子(角川文庫)★★★★☆

『鹿の王 全4巻』上橋菜穂子(角川文庫) 戦いに敗れ奴隷となっているヴァンが眠っていると、岩塩採掘場に狼か山犬のようなものが襲ってきました。咬まれた者たちは全滅し、なぜかひとり生き残ったヴァンは匿われていた赤子を連れて逃げ出します。 古王国の…

『あがない』倉数茂(河出書房新社)★★★★☆

『あがない』倉数茂(河出書房新社) 中篇1作と短篇1作を収録。 「あながい」(2020)★★★★☆ ――祐《たすく》が作業していた解体現場に若い男が倒れていた。救急車を呼び、それでおしまいのはずだった。給料日には解体業者の同僚・涼介が、友人のキャバ嬢ミ…

『アンチクリストの誕生』レオ・ペルッツ/垂野創一郎訳(ちくま文庫)★★★★☆

『アンチクリストの誕生』レオ・ペルッツ/垂野創一郎訳(ちくま文庫) 『Herr, erbarme Dich meiner!』Leo Perutz,1930年。 後の版には「Pour avoir bien servi」という短篇も追加収録されているようですが、恐らくは初版を底本にした本書には未収録です。…

『平成怪奇小説傑作集1』東雅夫編(創元推理文庫)★★★☆☆

『平成怪奇小説傑作集1』東雅夫編(創元推理文庫) 『怪奇小説傑作集』の日本版だった『日本怪奇小説傑作集』の平成版です。平成にもなると怪奇小説の幅も広がって来たのか、いわゆる純粋な怪奇小説はあまりありません。ほとんどはよくて幻想小説、下手する…

『幻想と怪奇』11【ウィアード・ヒーローズ 冒険者、魔界を行く】

『幻想と怪奇』11【ウィアード・ヒーローズ 冒険者、魔界を行く】 失敗しました。毎号買っているのでよく内容を確かめもせず購入したところ、今回は苦手なヒロイック・ファンタジー特集でした。しかもジョー・R・ランズデールを除けば『ウィアード・テール…

『琥珀捕り』キアラン・カーソン/栩木伸明訳(東京創元社 海外文学セレクション/創元ライブラリ)★★★★☆

『琥珀捕り』キアラン・カーソン/栩木伸明訳(東京創元社 海外文学セレクション/創元ライブラリ) 『Fishing For Amber』Ciaran Carson,1999年。 父親のように話せたらどんなにいいだろう……という語り手の述懐から話は始まります。そんな父親が話したのは…

『死者の饗宴』ジョン・メトカーフ/横山茂雄・北川依子訳(国書韓国会〈ドーキー・アーカイヴ〉)★★☆☆☆

『死者の饗宴』ジョン・メトカーフ/横山茂雄・北川依子訳(国書韓国会〈ドーキー・アーカイヴ〉) 『The Feasting Dead』John Metcalfe,2019年。 日本オリジナル短篇集。前半にクセのある作品、後半に普通の作品が収められています。クセのある前半の話と…

『龍蜂集 澁澤龍彦泉鏡花セレクションI』泉鏡花/澁澤龍彦編/山尾悠子解説/小村雪岱装釘(国書刊行会)★★★☆☆

『龍蜂集 澁澤龍彦泉鏡花セレクションI』泉鏡花/澁澤龍彦編/山尾悠子解説/小村雪岱装釘(国書刊行会) 泉鏡花の再評価前、全集も品切れだったころ、種村季弘と澁澤龍彦による鏡花選集の企画が立ち上がったものの、企画は途中で立ち消えとなり、澁澤によ…

『恐怖小説キリカ』澤村伊智(講談社文庫)★★★☆☆

『恐怖小説キリカ』澤村伊智(講談社文庫) おばけの出てくるホラーを見下す編集者の依頼によって書かれた、一番怖いのは人間だという小説――という体裁の小説です。 日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智の周りで起こる恐ろしい出来事が描かれます。 第一部…

『幻想と怪奇』10【イギリス怪奇紳士録 英国怪談の二十世紀】

『幻想と怪奇』10【イギリス怪奇紳士録 英国怪談の二十世紀】「A Map of Nowhere 09:ブラックウッド「柳」のドナウ川」藤原ヨウコウ「英国怪談・十五人の紳士」「時計の怪/酒蔵の妖魔」蘆谷重常(『インゴルズビー伝説』より)★★☆☆☆ ――「時計を御覧なさい。…

『ガール・イン・ザ・ダーク 少女のためのゴシック文学館』高原英理編著(講談社)★★★☆☆

『ガール・イン・ザ・ダーク 少女のためのゴシック文学館』高原英理編著(講談社) 長年にわたってゴシック関連の仕事をしてきた著者の、ゴシック文学アンソロジー。 「獣」モーリーン・F・マクヒュー/岸本佐知子訳(The Beast,Maureen F. McHugh,1992)…

『幻想と怪奇 傑作選』紀田順一郎・荒俣宏監修(新紀元社)★★☆☆☆

『幻想と怪奇 傑作選』紀田順一郎・荒俣宏監修(新紀元社) 伝説の雑誌の復刊に伴う前夜祭のようなもので、休刊前の本誌から抜粋した傑作選ですが、特にエッセイに古くさいものが多いのは否めません。 「『幻想と怪奇』、なお余命あり」紀田順一郎 『幻想と…

『わたしたちが火の中で失くしたもの』マリアーナ・エンリケス/安藤哲行訳(河出書房新社)★★★★★

『わたしたちが火の中で失くしたもの』マリアーナ・エンリケス/安藤哲行訳(河出書房新社) 『Las cosas que perdimos en el fuego』Mariana Enriquez,2016年。 アルゼンチンの〈ホラー・プリンセス〉による短篇集。帯にケリー・リンクの惹句掲載。解説に…

『おろしてください』有栖川有栖作/市川友章絵/東雅夫編(岩崎書店 怪談えほん12)★★★★☆

『おろしてください』有栖川有栖作/市川友章絵/東雅夫編(岩崎書店 怪談えほん12) 有栖川有栖らしい鉄道怪談です。 道に迷った少年が化物たちの世界に紛れ込んでしまうというオーソドックスな内容ながら、動物や怪物のイラストで知られる市川氏の絵が不気…

『幻想と怪奇』9【ミステリーゾーンへの扉 「奇妙な物語」の黄金時代】

『幻想と怪奇』9【ミステリーゾーンへの扉 「奇妙な物語」の黄金時代】「A Map of Nowhere 08:「歩いていける距離」のホームウッド」藤原ヨウコウ「ファンタスティック・マガジン 1940s〜1960s」 「ブレンダ」マーガレット・セント・クレア/森沢くみ子訳(B…

『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』澤西祐典・柴田元幸編訳(岩波書店)★★★★☆

『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』澤西祐典・柴田元幸編訳(岩波書店) 芥川が英語読本に採用した全51編のなかから、選りすぐって新訳した作品集。 「I The Modern Series of English Literatureより」「身勝手な巨人」オスカー・ワイルド/畔柳和代訳(The…

『未來のイヴ』ヴィリエ・ド・リラダン/齋藤磯雄訳(創元ライブラリ)★★★★☆

『未來のイヴ』ヴィリエ・ド・リラダン/齋藤磯雄訳(創元ライブラリ) 『L'Ève future』Villiers de l'Isle-Adam,1886年。 アンドロイドという言葉を初めて用いた小説とされていますが、そこはヴィリエ・ド・リラダンのこと、退廃的で耽美で観念的な内容が…


防犯カメラ