著者50音順は・ひ

【あ・い】 【う】 【え・お】 【か】 【き】 【く〜こ】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は・ひ】 【ふ】 【へ・ほ】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行】 【TV・映画】

【は】

バー、スティーヴン「最後で最高の密室」『山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー』

バー、スティーヴン「目撃」MM1210

ハイアセン、カール『迷惑なんだけど?』

ハイスミス、パトリシア「憎悪の殺人」『ミステリマガジン700』

ハイスミス、パトリシア「しっぺがえし」『ディナーで殺人を』上

バイロン、ジョージ・ゴードン「断章」(書物の王国12 吸血鬼)

ハウイー、ヒュー「キャラクター選択」SM1612

ハーヴィー、W・F「八月の炎暑」ゴーリー編『憑かれた鏡』

ハーヴィー、W・F「羊歯」『英国短篇小説の愉しみ1』

ハーヴィー、W・F「旅行時計」『怪奇小説の世紀1』

Harvey、W. F. 『The Beast with Five Fingers』「Midnight House」「Unwinding」「The Tool」他

Harvey、W. F. 『The Beast with Five Fingers』「Peter Levisham」「Miss Cornelius」「Sambo」他

ハーヴィー、W・F「八月の暑さのなかで」

ハーヴィー、W・F「アンカーダイン家の信徒席」『怪奇文学大山脈2』

ハーヴェイ、ウィリアム・F「アンカーダイン家の礼拝堂」ナイトランド11

パヴィチ、ミロラド「ハザール事典 ルカレヴィチ、エフロシニア」『東欧怪談集』

パウエル、ジェイムズ「道化の町」『山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー』

パウエル、ジェイムズ『道化の町』

パウエル、タルメッジ「殺人者からの贈り物」(MM1303)

ハウスマン、クレメンス「白いマントの女」『狼女物語』

ハウスマン、クレメンス「人狼」『怪奇文学大山脈I』

ハウスマン、ラウール「真のホムンクルス、または錬金の叡智」『ドイツ幻想小説傑作集』

バウチャー、アントニー『タイムマシンの殺人』

バウチャー、アントニー「ジェリー・マロイの供述」『新・幻想と怪奇』

パウル、ジャン「機械に憑かれた男」『ドイツ幻想小説傑作集』

パウル、ジャン「天堂より神の不在を告げる死せるキリストの言葉」『幻想小説神髄』

宝樹《バオ・シュー》「だれもがチャールズを愛していた」SM1908

郝景芳《ハオ・ジンファン》「戦車の中」SM1904

バーカー、クライヴ「恐怖の探求」『もっと厭な物語』

バーカー、ニュージェント「告知」『英国短篇小説の愉しみ1』

パーカー、アンドリュー『眼の誕生 カンブリア紀大進化の謎を解く』

パーカー、ドロシー「深夜考」ベスト・ストーリーズ1

バカン、ジョン「アシュトルトの樹林」『怪奇文学大山脈3』

萩原朔太郎「孤独を懐かしむ人」『きのこ文学名作選』

萩原朔太郎「猫町」『幻視の系譜』

バーク、ジョン「誕生パーティー」『終わらない悪夢』

バーク、トマス「がらんどうの男」『怪奇小説日和』

バクスター、アラン「冥府から来た相棒」ナイトランド10

バークリー、アントニイ「苦いアーモンド」MM0811

バークリー、アントニイ『ジャンピング・ジェニイ』

バークリイ、アントニー「ミスター・ベアストウがおっしゃるには……」MM1805

バージェス、アントニイ「詩神」『棄ててきた女 異色作家19』

パジェット、ルイス「著者謹呈」『もっと厭な物語』

橋本治『ひらがな日本美術史』7

はしもとみつお『がんばれ!ドンベ』『コロコロ伝説』1

はしもとみつお『がんばれ!ドンベ』1・2

パス、オクタビオ「波との生活」『世界文学全集3-5 短篇コレクション1』

バース、ジョン「夜の海の旅」『世界文学全集3-5 短篇コレクション1』

パス=ソルダン、エドムンド「夕暮れの儀式」『ユリイカ』0803

長谷川修「舞踏会の手帖」「ささやかな平家物語」『教えたくなる名短篇』

長谷川四郎「鶴」『日本文学100年の名作4』

長谷川伸「山本孫三郎」『日本文学100年の名作5』

長谷川如是閑「象やの粂さん」『日本文学100年の名作1』

長谷川龍生「キノコのアイディア」『きのこ文学名作選』

バタイユ、ジョルジュ『マダム・エドワルダ/目玉の話』

畠中恵『しゃばけ』

Battin、Marcel「Mission à Versailles」『le grandiose avenir』

Battin、Marcel「Un Jour comme les autres」『Fiction』58

パチェーコ、ホセ・エミリオ「砂漠の戦い」『ラテンアメリカ五人集』

蜂飼耳「人間でないことがばれて出て行く女の置き手紙」『教えたくなる名短篇』

バチガルピ、パオロ「カロリーマン」(SM0703)

バチガルピ、パオロ「イエローカードマン」(SM0708)

バチガルピ、パオロ「フルーテッド・ガールズ」(SM0902)

バチガルピ、パオロ「第六ポンプ」(SM1001)

バチガルピ、パオロ「ギャンブラー」「砂と灰の人々」「読めない名前を持つ作家(インタビュウ)」(SM1106)

バチガルピ、パオロ「錬金術師(前編)」(SM1204)

バチガルピ、パオロ「錬金術師(後編)」(SM1205)

バチガルピ、パオロ「小さき供物」SM1304

バチガルピ、パオロ『第六ポンプ』

バチガルピ、パオロ「熱帯夜」SM1604

Hattori Kohei「SUBMARINE」《SF Magazine Gallary 第28回》(SM0804)

初野晴「シレネッタの丘」『メフィスト』2011vol3

ハーディ、トマス「グリーブ家のバーバラ」『ゴシック短編小説集』

パディージャ、イグナシオ「動物小寓話」『ユリイカ』0803

ハート、ジョン『ラスト・チャイルド』

ハート、ジョン『川は静かに流れ』

ハート、ブレット「セリーナ・セディリア」『ゴシック短編小説集』

ハードウィック、エリザベス「楢の木と斧」ベスト・ストーリーズ1

バドニッツ、ジュディ「道順」柴田元幸編訳『紙の空から』

バドニッツ、ジュディ『イースターエッグに降る雪』

バドニッツ、ジュディ「母たちの島」『変愛小説集』

バドニッツ、ジュディ「来訪者」『居心地の悪い部屋』

バドニッツ、ジュディ『元気で大きいアメリカの赤ちゃん』

ハートリー、L.P.「A Change of Ownership」

ハートリー、L.P.「Apples」「Night Fears」

ハートリー、L.P.「The Thought」

ハートリー、L・P「豪州からの客」ゴーリー編『憑かれた鏡』

ハートリー、L・P「顔」『棄ててきた女 異色作家19』

ハートリー、L・P「ポドロ島」『八月の暑さのなかで』

ハートリー、L・P「コティヨン」『短篇小説日和』

ハートリー、L・P「島」『怪奇文学大山脈2』

ハートリー、L・P「ディナーは三人、それとも四人で」『ディナーで殺人を』上

バートン&カポビアンコ「ロシアの墓標」『SHのSF大冒険』上

バートン、タラ・イザベラ「レオポルトシュタット街のゴーレム」ナイトランド18

花田清輝『随筆三国志』

花輪園人「乗る男」『アフタヌーン』201204

バニスター、マンリー「イーナ」『狼女物語』

パニッツァ、オスカル「人間工場」『ドイツ幻想小説傑作集』

埴谷雄高「虚空」『幻視の系譜』

ハーネス、チャールズ・L「時の娘」『時の娘』

バーネット、ダナ「海霧」ナイトランド15

バーネット、フランセス『秘密の花園』

ハネット、リサ・L「食べさせてあげなきゃ」ナイトランド17

パビーニ、ジョヴァンニ「返済されなかった一日」『謎のギャラリー』

パーマー、スザンヌ「知られざるボットの世界」SM1902

ハミルトン、エドモンド『眠れる人の島』

ハミルトン、ブルース『首つり判事』

パムク、オルハン『雪』

ハメット、ダシール「焦げた顔」MM1001

林譲治「大使の孤独」SM0704

林芙美子「骨」『名短篇、さらにあり』

林芙美子「幸福の彼方」『百年小説』

林芙美子「風琴と風の町」『日本文学100年の名作』2

早瀬耕「彼女の時間」SM1510

早瀬耕「有機素子板の中」SM1602

葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」『日本幻想文学大全 幻妖の水脈』

はやみねかおる『ぼくと未来屋の夏』

勇嶺薫(はやみねかおる)『赤い夢の迷宮』インタビュー『ダ・ヴィンチ』0706

原民喜「心願の国」『百年小説』

原民喜「行列」「夢の器」「夢と人生」「鎮魂歌」『文豪怪談・昭和篇』

原リョウ「少年の見た男」『ミステリマガジン700』

原リョウ「監視される女」「番号が間違っている」1803MM

バーラス、グリン・オーウェン「受胎儀式」ナイトランド・クォータリー7

バーラス、グリン・オーウェン「異次元の映像」ナイトランド10

バーラス、グリン・オーウェン「因果律の啓示」ナイトランド16

パラディアス、コンスタンティン「ルルイエの黄昏」『ナイトランド・クォータリー』02

バラード、J・G「認識」SM0705

バラード、J・G「マイナス1」『山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー』

バラード、J・G『時間都市』

バラード、J・G「太陽からの知らせ」「コーラルDの雲の彫刻師」「ZOADIC2000」「メイ・ウエストの乳房縮小手術」SM0911

バラード、J・G『殺す』

バラード、J・G『結晶世界』

バリー、ジェイムズ・M「シャーロック・ホームズとの夕べ」MM1911

ハリス、トマス『ハンニバル』上・下

ハリスン、ハリー「大瀑布」『街角の書店』

バリッコ、アレッサンドロ『イリアス』

ハリデイ、ブレット「死刑前夜」『天外消失』

ハリファックス卿「ボルドー行の乗合馬車」『怪奇小説日和』

バリングルード、ネイサン「往く先は風に」ナイトランド06

バリングルード、ネイサン「北アメリカの湖棲怪物」ナイトランド12

バリンジャー、ビル・S『美しき罠』

バルザック『グランド・ブルテーシュ奇譚』

ド・バルザック、オノレ「サラジーヌ」『書物の王国12 吸血鬼』

バルガス=リョサ、マリオ「子犬たち」『ラテンアメリカ五人集』

パルジャース、ロジャー「ヨナ」柴田元幸編訳『紙の空から』

ハルスター、ヨハン「ベトナム。木曜日。」『ユリイカ』0803

ハルフォン、エドゥアルド「遠い」『早稲田文学』2015冬

ハルムス、ダニイル「ひとりの男がいた ほか」『モンキービジネス01』

バレイジ、A・M「暗闇のかくれんぼ」『新・幻想と怪奇』

バレイジ、A・M「違う駅」『怪奇小説の世紀1』

バレイジ、A・M「夏のワイン」MM1805

バレイジ、A・M「誰のものでもない家」ナイトランド11

バレット・ジュニア、ニール「銀河ホテルマンは眠れない」SM0711

パロ、ジャン=フランソワ『ブラン・マントー通りの謎』

パロ、ジャン=フランソワ『ロワイヤル通りの悪魔憑き』

バロニアン、ジャン=バティスト「赤い本」MM0611

ハワード、ロバート・E「灰色の神が通る」『漆黒の霊魂』

ハワード、ロバート・E「墓所の怪事件」『ナイトランド』04

バンヴィル、ジョン『バーチウッド』

ハンター、ジェシー『よい子はみんな天国へ』

ハント、ヴァイオレット「祈り」『ゴースト・ストーリー傑作選』

ハンド、エリザベス「エコー」SM0803

ハントケ、ペーター「田舎のボーリング場のピンが倒れる」『ドイツ幻想小説傑作集』


【ひ】

ビアス、アンブロース「蔓草の家」『ゴシック短編小説集』

ビアス、アンブローズ「アウル・クリーク橋の一事件」『幻想小説神髄』

ピアス、フィリパ『ハヤ号セイ川をいく』

ビオイ=カサーレス、アドルフォ『パウリーナの思い出に』

日影丈吉「ある生長」幽5

日影丈吉「月夜蟹」『日本幻想文学大全 幻妖の水脈』

日影丈吉「鳩」『ミステリマガジン700』

東直子「マッサージ」『ファイン/キュート』

東雅夫編『妖怪文藝〈巻之壱〉 モノノケ大合戦』

東雅夫編『猫路地』

東雅夫編『幽 Vol.005』特集一・猫の怪/特集二・実話と創作のあいだに

東雅夫編『黒髪に恨み深く 髪の毛ホラー傑作選』

東雅夫×金井田英津子『文豪怪談傑作選』刊行記念対談(ダ・ヴィンチ0610)

東雅夫『幽』怪談大賞選評『ダ・ヴィンチ』0703

東雅夫編・吉屋信子著『文豪怪談傑作選 生霊』

東雅夫ほか「第一回『幽』怪談文学賞選評」『幽』006

東雅夫編・赤江瀑著『赤江瀑名作選』

東雅夫編・泉鏡花著『文豪怪談傑作選 黒壁』

東雅夫編『クトゥルー神話事典 第三版』

東雅夫編『文豪怪談傑作選 百物語怪談会』

東雅夫『百物語の怪談史』

東雅夫編著『幻想文学入門 世界幻想文学大全』

東雅夫編著『日本幻想文学事典 日本幻想文学大全3』

東雅夫・下楠昌哉責任編集『幻想と怪奇の英文学』

東雅夫編『明治の怪談実話ヴィンテージ・コレクション』

東川篤哉インタヴュー(MM1112)

東川篤哉インタビュー『ミステリーズ』50

東川篤哉『館島』

東川篤哉『密室に向かって撃て!』

東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』

東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』

東川篤哉『私の嫌いな探偵』

氷川瓏「乳母車」『もっと厭な物語』

樋口一葉「わかれ道」『百年小説』

樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』

久生十蘭『久生十蘭「従軍日記」』

久生十蘭「雲の小径」『名短篇、さらにあり』

『定本久生十蘭全集』2

『定本久生十蘭全集』3

『定本久生十蘭全集』4

『定本久生十蘭全集』5

『定本久生十蘭全集』6

『定本久生十蘭全集』7

『定本久生十蘭全集』8

『定本久生十蘭全集』9

『定本久生十蘭全集』11

『文芸の本棚 久生十蘭』

久生十蘭「予言」『日本幻想文学大全 幻妖の水脈』

久生十蘭「黄泉から」『世界堂書店』

ピサルニク、アレハンドラ「血まみれの伯爵夫人」『ゴシック短編小説集』

ビショップ、マイクル「合作」SM0705

ヒチェンズ、ロバート「未亡人と物乞い」『怪奇文学大山脈2』

ビッスン、テリー「オールモスト・ホーム」

ビッスン、テリー『平ら山を越えて』

日夏耿之介・矢野目源一・城昌幸『巴里幻想訳詩集』

日野巌『植物怪異伝説新考』上

日野巌『植物怪異伝説新考』下

日野巌『動物妖怪譚』上

日野巌『動物妖怪譚』下

ヒメーネス、フワン・ラモン「プラテーロ」『ファイン/キュート』

ビュトール、ミシェル『時間割』

ビュルガー、ゴットフリート・アウグスト「レノーレ」『怪奇文学大山脈I』

ひらいたかこ「ハーメルンの笛吹き」SM0709

平田オリザ『平田オリザ1 東京ノート』

平野嘉彦『ホフマンと乱歩 人形と光学器械のエロス』

平山瑞穂「棕櫚の名を」SM0711

平山瑞穂「十月二十一日の海」SM0803

平山瑞穂『プロトコル』インタビュー『ダ・ヴィンチ』0805

平山瑞穂「精を放つ樹木」SM0904

平山夢明「托卵」『贈る物語 Wonder』

平山夢明『ミサイルマン』インタビュー、対談「怪談と日本映画を語る」『ダ・ヴィンチ』0708

平山夢明×樋口明雄×福澤徹三『幽』015

平山蘆江『蘆江怪談集』

ピランデルロ、ルイージ「蠅」『ちくま文学の森 恐ろしい話』

ピランデッロ、ルイジ『月を見つけたチャウラ』

ビリンガム、マーク「刃に向かって踊れ」

ヒル、レジナルド「犬のゲーム」

ヒル、レジナルド『異人館』

ヒル、レジナルド『ダルジールの死』

ヒル、レジナルド「恥をかく」MM1205

広津和郎「訓練されたる人情」『日本文学100年の名作』2

ピンター、ハロルド『温室/背信/家族の声』

【あ・い】 【う】 【え・お】 【か】 【き】 【く〜こ】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は・ひ】 【ふ】 【へ・ほ】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行】 【TV・映画】


防犯カメラ