著者50音順や行

【あ・い】 【う】 【え・お】 【か】 【き】 【く〜こ】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は・ひ】 【ふ】 【へ・ほ】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行】 【TV・映画】

【や行】

八木重吉「あめの 日」『きのこ文学名作選』

安岡章太郎「球の行方」『日本文学100年の名作6』

矢田津世子「茶粥の記」『日本文学100年の名作3』

谷中悟「僕たちの放課後」SM0712

柳広司「ミステリアス・ジャム・セッション」MM0708

柳田國男『柳田國男集 幽冥談』

柳田國男「『遠野物語』より」『日本幻想文学大全 幻妖の水脈』

柳家喬太郎「粗忽の死神」『妖怪変化 京極堂トリビュート』

矢野目源一『揺籃』(『某』マイナス2号)

矢野目源一・日夏耿之介・城昌幸『巴里幻想訳詩集』

ヤーブロ、チェルシー・クィン「ゲニウス・ロキ」MM1008

矢作俊彦『ららら科學の子』

矢作俊彦『ロング・グッドバイ』

矢作俊彦『傷だらけの天使 魔都に天使のハンマーを』

山尾悠子『歪み真珠』

山尾悠子「支那の吸血鬼」書物の王国12 吸血鬼

山尾悠子「傳説」『リテラリーゴシック』

山川方夫「夏の葬列」『贈る物語 Wonder』

山川方夫「待っている女」『日本文学100年の名作5』

山川方夫『親しい友人たち』

山口香「メカごころ落書き帖」(SM0703)

山口つばさ「ヌードモデル」『good!アフタヌーン』1505

山口つばさ「おんなのこ」『good!アフタヌーン』1509

山口昌男『道化の民俗学』

山口雅也『ステーションの奥の奥』

山口雅也「迷宮解体新書」MM0807

山口雅也「謎の連続殺人鬼《謎々》」MM1204

山口雅也「『私が犯人だ』」『ミステリマガジン700』

山白朝子「鬼物語」幽5

山白朝子「黄金工場」幽6

山白朝子インタビュー『死者のための音楽』『ダ・ヴィンチ』0712

山白朝子「鳥とファフロッキーズ現象」幽7

山白朝子「エムブリヲ奇譚」幽8

山白朝子『死者のための音楽』

山白朝子「〆」幽11

山白朝子「顔無し峠」幽13

山田詠美『無銭優雅』インタビュー『ダ・ヴィンチ』0703

山田風太郎「黄色い下宿人」『贈る物語 Mystery』

山村修『書評家〈狐〉の読書遺産』

『山本周五郎探偵小説全集1 少年探偵・春田龍介』

『山本周五郎探偵小説全集2 シャーロック・ホームズ異聞』

『山本周五郎探偵小説全集3 怪奇探偵小説』

『山本周五郎探偵小説全集別巻 時代伝奇小説』

山本周五郎「蘆刈」『書物の王国19 王朝』

山本周五郎「その木戸を通って」『読まずにいられぬ名短篇』

山本士郎『東大の教室で赤毛のアンを読む』

山本弘「SFにおける人間とロボットの愛の歴史」SM0702

山本弘「七パーセントのテンムー」SM0704

山本弘「My Favorite SF」(「思考の谺」ジョン・ブラマー)SM0802

山本弘『地球移動作戦』02(SM0808)

山本弘『地球移動作戦』10(SM0904)

山本文緒「ご飯とお菓子」『yomyom』01

ヤーン、ハンス・ヘニー「北極星と牝虎」『ドイツ幻想小説傑作集』

ヤング、ロバート・F『ピーナツバター作戦』

ヤング、ロバート・F「時が新しかったころ」(『時の娘』より)

ヤンソン、アンナ「あなたの肌を感じる」『ミステリーズ』53

ヤンソン、トーベ画『不思議の国のアリス』ルイス・キャロル/村山由佳訳

ヤンソン、トーベ画『スナーク狩り』ルイス・キャロル/穂村弘訳

ユアグロー、バリー「ツリーハウス」「僕の友だちビル」柴田元幸編訳『紙の空から』

ユアグロー、バリー「大洋」『昨日のように遠い日』

結布「コトノハヒラ」『ネムキ』1010

ユウ、チャールズ「OPEN」SM1610

結城昌治「紺の彼方」『俳句殺人事件』

結城昌治「寒中水泳」『ミステリマガジン700』

雪舟えま「電」『ファイン/キュート』

ユゴー、ヴィクトル「カルル大帝の墓」『書物の王国3 王侯』

柚木麻子「スカイツリーを君と ねじまき片想い 宝子のおもちゃ事件簿」『ミステリーズ』53

柚木麻子「ねじまき片想い(2)」『ミステリーズ』54

柚木麻子『嘆きの美女』

柚木麻子『けむたい後輩』

柚木麻子『ランチのアッコちゃん』

柚木麻子『王妃の帰還』

柚木麻子『早稲女、女、男』

ゆでたまご『キン肉マン』「7人の悪魔超人編1・2」

夢野久作「死後の恋」『ちくま文学の森 恐ろしい話』

夢野久作「木魂」『幻視の系譜』

夢野久作「悪魔祈祷書」『書物愛 日本篇』

夢野久作「瓶詰地獄」『日本文学100年の名作』2

湯本豪一編著『続・妖怪図巻』

湯本豪一『図説 江戸東京怪異百物語』

ユルスナール、マルグリット「源氏の君の最後の恋」『世界堂書店』

横田順彌「近代日本奇想小説史」(第63 『ホシナ大探偵』と『呉田博士』ほか)SM0710

横田順彌「真鱈の肝」『日本版S・Hの災難』

横田順彌「古書狩り」『書物愛 日本篇』

『横溝正史翻訳コレクション 鍾乳洞殺人事件/二輪馬車の秘密』

横溝正史「かいやぐら物語」『リテラリーゴシック』

横光利一「機械」『百年小説』

吉岡実「僧侶」『リテラリーゴシック』

吉川宏志「鬼やんまの翅の下なる少年期 水平に網かまえていたり」

吉田篤弘「椅子の上から世界は何度だって生まれ変わる」『変愛小説集 日本』

吉田健一「百鬼の会」『幻視の系譜』

吉田健一「マクナマス氏行状記」『日本文学100年の名作5』

吉田親司「巨橋崩壊」(『マザーズ・タワー』序章)SM0808

吉田親司『マザーズ・タワー』

吉田知子「大広間」『リテラリーゴシック』

吉田知子「ほくろ毛」『変愛小説集 日本』

吉田直哉「百足殺せし女の話(抄)」『読まずにいられぬ名短篇』

吉富昭仁『地球の放課後』1

吉野万里子「ロバのサイン会」『本屋さんのアンソロジー』

吉村昭「少女架刑」『名短篇、ここにあり』

吉村昭「少女架刑」『幻視の系譜』

吉屋信子/東雅夫編『文豪怪談傑作選 生霊』

吉屋信子「鬼火」『名短篇、さらにあり』

吉行淳之介「寝台の舟」『日本文学100年の名作5』

ヨネカワ・カズミ「蠅」『東欧怪談集』

米澤穂信『さよなら妖精』

米澤穂信「川越にやってください」(MM0801)

米澤穂信『春季限定いちごタルト事件』

米澤穂信「柘榴」『Mystery Seller』

米澤穂信「怪盗Xからの挑戦状」『探偵Xからの挑戦状3』

米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』

米澤穂信「真実の10メートル手前」「インタビュー」『ミステリーズ』72

米澤穂信『折れた竜骨』

米澤穂信「巴里マカロンの謎」ミステリーズ80

米澤穂信「講演会レポート」ミステリーズ81

米澤穂信「紐育チーズケーキの謎」ミステリーズ86

米澤穂信「ナイフを失われた思い出の中に」『街角で謎が待っている』

米澤穂信『リカーシブル』

米澤穂信『王とサーカス』

米澤穂信「文庫創刊60周年に寄せて」「トークショー(×朝井リョウ)」「懸賞付き犯人当て小説 講評」ミステリーズ94

米澤穂信『氷菓』

米代恭「いつかのあの子」『アフタヌーン』201204

米代恭「羽のとりは一緒に集まる」『アフタヌーン』201301

詠坂雄二「日入国常闇碑伝 雨鉄砲」『メフィスト』2011vol3

【あ・い】 【う】 【え・お】 【か】 【き】 【く〜こ】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は・ひ】 【ふ】 【へ・ほ】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行】 【TV・映画】


防犯カメラ