『殊能将之未発表短篇集』殊能将之(講談社)★★★★☆

 生前講談社編集部に送っていた「再発見」された短篇三篇に、知人宛ての日記/私小説で没後メフィストに掲載された一篇を加えたものです。
 

「犬がこわい」★★★★☆
 ――世の中の人間は、犬がこわい人間がいることを理解していないらしい。そうでなければ住宅地の真ん中で犬を放し飼いにしようと考えるわけがない。たぶん、二日ほど前に引っ越してきた、光島とかいう男の飼い犬だ。半崎は迂回して家に帰った。次の日はわざわざ裏通りを通ったというのに、待ちぶせしていたように、裏手の通りに犬がいた。

 デビュー後に初代担当者に送っていたミステリ作品。犬嫌いの主人公と住人とのトラブルから始まり、主人公と妻や年頃の娘との日常を交えながら、犬と住人との親密とはいえない関係が浮かび上がってきます。主人公と世間を対置しているように見せておいて、一つのことに二つの側面を持たせる手際が見事です。
 

「鬼ごっこ★★★★☆
 ――とうとう高木を見つけたぞ。黒川から電話を受けた北沢と安原が出向くと、ヤクザの黒川は拳銃と日本刀を用意していた。黒川がバールでアパートの錠を壊そうとした。驚いて顔を出した隣の住人を、黒川はバールで横殴りにする。高木は窓から逃げ出し、軽自動車のドライバーを半殺しにして車を出した。

 メフィスト編集部に請われて送ったデビュー前の作品。ひたすら人を殺しまくって執拗に対象者を追いかけるノワール作品です。一応オチらしいものはついていますが、これはもう罪悪感などこれっぽっちもない北沢たちの行動を堪能すべきでしょう。余計な夾雑物がないぶん、残酷なわりに嫌悪感は抱かずにすみます。
 

「精霊もどし」★★★☆☆
 ――妻を亡くした広永から頼みがあると言われて家を訪れると、死んだ妻を復活させるための儀式をおこなうのに、人が必要なのだという。死者が復活するわけもない……だが目の前には真理子さんがいた。それなのに、どうして肝心の広永には見えないんだ?

 同じくデビュー前の作品。魔法のランプや三つの願いや降霊術――うまい話には裏がある……のバリエーションです。巻き込まれた宮脇こそ災難ですが、単なるアイデアストーリーというよりも、妻を亡くした男の狂おしい想いを際立たせることに一役買っているように思います。
 

ハサミ男の秘密の日記」★★★☆☆
 ――書店に出かけたらメフィストが平積みになっていた。殊能将之が投稿した『ハサミ男』がどうなったか気になっていた。「メフィスト賞!」と書いてある。しかし受賞したならどうして受賞通知が来なかったのだろう? 続きを読んでみたら驚いた。「作者がつかまりません! 電話はつながらないし、電報も住所不明で戻ってきました……」

 磯達雄氏に送られた文章。『ハサミ男』受賞から出版にいたるまでの経緯が、面白おかしく綴られています。作家の伝記的事実にはあまり興味がないのですが、これではまるでバカ家族みたいでほっこりしました。その一方で、SF界に身を置いていた立場からミステリ界の狂騒をチクリとしている批評眼も披露されていました。
 

 [amazon で見る]
 殊能将之未発表短篇集 ・ [楽天kobo] 


防犯カメラ