『インド王妃の遺産』ジュール・ヴェルヌ/中村真一郎訳(集英社文庫)★★★★☆

 『Les 500 millions de la Bégum』Jules Verne,1879年。

 インド王の未亡人と結婚していた大伯父/大叔父の遺産を受け継いだ二人の科学者が、それぞれの理想を掲げて都市を築きます。フランス人科学者サラザン博士は人間が長生きできる衛生的な都市フランス市を目指し、ドイツ人科学者シュルツ教授は武器を製造してゲルマン人の支配による世界を目指そうとします。

 冒険小説としては、サラザン博士の息子オクターヴの友人であるアルザス人マルセルが、鋼鉄都市《シュタールシュタット》に潜入し、シュルツ教授の武器工場の実体と恐るべき計画を暴き、決死の脱出を図るところが見どころになっています。みずからの能力で一歩一歩中心に近づいてゆき、結果的には英雄的行動でアピールし、お目通りかなったシュルツ教授を挑発し……と、少々出来すぎの感はありますが楽しく読めました。教授とともに何重にもガードされた扉をくぐってゆく過程は、文字通り秘密基地に入ってゆくようで、わくわくするしかありません。

 何しろ金はありますし、一撃必殺であれば二発目は不要、一発撃って使い物にならなくなってもいい、という理屈も潔くてカッコよく、非現実的な遺産相続やマルセルの潜入調査など見ても、全体的に少年漫画の雰囲気がありました。

 教授によるフランス市攻撃の意思を知ったマルセルは、どうにかして鋼鉄都市を脱出し、危険を知らせようとするのですが、ここで活劇にならずに科学で決着がつくのがこの作品のミソでしょう。個人的にはあっさりしすぎていると感じました。どうせなら活劇が見たかった。

 計算が間違っていた、というのは『月世界旅行』にもありましたけれど、一線級の科学者にしてはお粗末すぎると感じてしまいます。教授の最後にしても、マルセルたちが目撃するのは事後でしかないので、すべてが終わったあとの後日談のようでさほど興奮は感じません。とはいえすべてが止まった冷たい世界というイメージは恐ろしくも美しく、むしろ後日談という静かな余韻にはぴったりだったとは思います。

 冒険要素以外も見ていくと、サラザン博士のフランス市は、一つの都市論になっており、その詳細は第10章で見ることができます。現代の目から見ればところどころ変なところはありますが、おおむねは、文化的な生活を送るための都市作りとして考えられているといっていいでしょう。

 シュルツ教授のゲルマン人理想論は、ヒトラーを連想せずにはいられません。

 鋼鉄都市の終焉が、破産という形で訪れるのは、鹿島茂氏による『八十日間世界一周』論を読んだあとでは、さもありなんです。読み物としても面白く、科学と冒険と戦争の話を読んでいたはずなのに、突然破産という話になり、いったい何が起こったのかと、意外性と吸引力のある場面でした。

 最後にちょろっとではありますが、抑止力としての兵器と呼べなくもない発想も記されております。

 科学に社会に金融に政治と、ヴェルヌのさまざまな面が見られました。

 インド王妃の莫大な遺産をふたりの科学者が相続した。人類の平和と幸福を願い、近代科学の粋を集めた理想都市、フランス市を建設するサラザン博士と、鋼鉄都市を築き、鉄を精練しては大砲を鋳造し、各国に売りつける死の商人、シュルツ教授。世界支配の野望に燃えるシュルツは、新開発の超大型砲弾を、理想都市めがけ発射しようとする。この危機を阻止できるのか……科学趣味あふれる好編。(カバーあらすじ)

  

「九谷京の不可避な事情」神木啓、「スイカ」森とんかつ、『夢で見たあの子のために』4、『あさひなぐ』30

good!アフタヌーン』2019年7月号(講談社

亜人」69「海斗」桜井画門
 佐藤との対決はちょっとお休みして、海斗と永井のむかしの話でした。

ぐらんぶる」53「収録現場」井上堅二吉岡公威
「ギャルゲーの達人にごまかしは利かない」のあおりに笑いました。

「九谷京の不可避な事情」神木啓
 ――アヤメちゃんは幼なじみの九谷が好きすぎてたまらない。町では白いワニに襲われるという噂が流れていた。

 第8回四季賞新人戦。不思議な間のある作品です。どことなく手塚治虫っぽい。
 

「スイカ」森とんかつ
 ――高校教師園が赴任した学校には百七不思議の一つ物部スイカが住んでいた。

 第5回ショート&ギャグオーディション作品。テンポのよさが強み。
 

『夢で見たあの子のために』4 三部けい(角川コミック・エース)
 ――まだ生きている双子の弟は人殺しなのか……。千里は警察を利用することにした。

 追うほどに新たに出てくる謎。そして遂に姿を現しました。
 

あさひなぐ』30 こざき亜衣小学館ビッグコミックス
 ――たった三人しか選手のいない出雲英豊との団体戦。不戦勝で2勝の二ツ坂はあと一勝すればよい。えりは一本先取するが……。

 これまでライバルや憧れはいましたが、敵役というのは初めての気もします。というかやすこ先生の後輩の出雲英豊の先生が一方的に暗黒面に落ちているだけですが。
 

    

『お好みの本、入荷しました 桜庭一樹読書日記』桜庭一樹(創元ライブラリ)★★★★☆

 桜庭一樹読書日記その3。

 ジョン・サザーランドの「謎」シリーズ(pp.12~17)は、古典のペーパーバック用の気軽な解説を集めたものだったんですね。

 近藤史恵は好きな作家なのだけれど、時代小説『にわか大根』はいまいちでした。が、12ページのK島氏による註釈によれば、「このシリーズを読んで、学生の頃には意図がよくわからなかった泡坂妻夫『妖盗S79号』の趣向のひとつに、なんとなく納得がいった気がしました」とあるので、まずは『妖盗S79号』再読。意図がわからなかったら猿若町捕物帳シリーズも再読したい。

 伊坂幸太郎莫言トーク(p.13)。

 有吉が証明しているように、センスのいい悪口はむしろ気分がいい。イアン・マキューアン(pp.23~25)は「打ちのめされた」「すごい」のも事実だし、「早川から変態作家として売り出されましたが」(厳密には悪口ではないけれど)というのも同じくうなずけてしまいます。

 太宰治松本清張大岡昇平が同い年と知って驚きました(p.40)。「太宰は三十代で夭逝。清張は四十代からだから」直接の接点はない模様。そしてK島氏が大岡昇平『事件』を「法廷推理小説としても文学的推理小説としても、並ぶもののない高みに到達し得た作品」と大絶賛です。

 山本容子が自分の仕事とカポーティ作品を「細部は震えているような繊細さがあるけれど、全体としては暴力的。しかし、じつはやっぱり繊細」(p.69)と評している文章が紹介されていて、その的確な評現にうなりました。

 内田けんじ監督『アフタースクール』は、「海外サスペンス好きにはたまらない二転三転四転五転の活劇」(p.74)だそうです。こんなに言われたらハードル上がるけど、見てみたいなあ。

 佐藤雅彦編『教科書に載った小説』は、よくある再学習系の本ではなく、本当にすごい傑作が詰まっているようです(pp.75~80)。ここから傑作短篇の話になります。三浦哲郎「とんかつ」、永井龍男「出口入口」、広津和郎「ある夜」、横光利一「蠅」といった収録作のほか、モーパッサン『脂肪の塊』、佐藤亜紀ミノタウロス』、永井龍男「胡桃割り」、松浦寿輝『幽』、〈アンソロジー 人間の情景〉、大坪砂男『天狗』、中井英夫『幻戯』『とらんぷ譚』、永井龍男「青梅雨」、安岡章太郎「ガラスの靴」、藤枝静男「空気頭」、坂口安吾「紫大納言」。

 恋愛の話が多い。桜庭一樹『ファミリーポートレート』「恋は、記憶の中に仕舞われてる。」を読んだ担当さんが口々に「恋がしたくなった」そうです。河出書房ムック『倉橋由美子』巻頭対談でも、川上弘美が「恋が怖くなって、恋愛したくなくなるのがほんとの恋愛小説」のような発言をしていたそうです。(pp.93~95)

 p.113『風俗嬢菜摘ひかるの性的冒険』は、「過去を整理して、物語化してるだけじゃなくて、なぜだか(なぜってセンスだろう)ファンタジー化していて濁流の如く語っていた。自分史にして、偽史にして、風俗文化史にして、無敵の地下世界ファンタジー。」とあって、すごく面白そう。p.127では古処誠二をSFとして読んでいたし、こういう読み方はとても参考になります。

 現地でなつかれてるオスカー・ワイルドと『平凡パンチ三島由紀夫』(pp.173~174)。

 『砂糖菓子の弾丸』の藻屑が、『私の男』の花になって、『ファミリーポートレイト』のコマコになったそうです(p.179)。

 山本夏彦、名前だけは知ってますが、列挙されたタイトルだけ見ても、めちゃくちゃ面白そうな人です(p.187)。

 p.192『バナナは皮を食う――暮しの手帖・昭和の「食」ベスト・エッセイ集』は、ここで紹介されなければ気になることもなかったろうな。

 「『真鶴』(川上弘美)と『半島』(松浦寿照)と『死都ブリュージュ』(G・ローデンバック)はべつの小説だけど、舞台はじつは同じで、そこは水の中にあるような追憶の都なんだ、ある年齢になればみんな行けるけど、わたしはまだそこにたどり着いてないのだ、と思ったことがあった。」(p.289)。これもそうした読み方に目から鱗が落ちる一方、著者は永遠の文学少女(少年)なんだなあと何だか納得。

 巻末には三村美衣との対談。これまでの作品にあった、変な子と普通の子の組み合わせの片方を、男(お父さん)にしたのが『私の男』なのだとか(p.324)。びっくりするような裏話ですね。

 三村氏は高校時代読書部だったそうですが、米澤穂信古典部みたいなノリで読書部に入っていることに、これまたびっくり(p.332)。「フィクションというものは、それ(=ものすごい現実)を力ずくで無理やり超えねばならんのだ」(p.235)って、こんな現実に挑まなくてはならない創作者には頭が下がります。

  

『早稲女、女、男』柚木麻子(詳伝社文庫)★★★★☆

 タイトルからもわかるとおり、早稲田の女は女ではないそうです。

 いつもの柚木ヒロインのような、何だかんだ迷いながらも、がっぷり正面から人生に挑んでいるような、気持の良い大学生・早乙女香夏子が主人公です。それをそばから支える(たぶん)しっかりものの友人(立石三千子)もいて、これぞ柚木ワールドといったところ。

 かっこいいのは主役たちだけじゃない。失恋したあとに乗ったタクシーの運ちゃんの一言「ねえちゃん、あんたが何とかしろ。あんたなら出来る」。タクシーの運ちゃんといえば、人生経験豊富な人ポジションですものね。

 ただし東京の女子大生には詳しくないせいで、各人のキャラ付けはいまいちわかりません。

 青山学院生のみなみの決断も、ものすごくかっこいいのですが、青学生はこんなキャラだと思ってしまいますよ?

 かっこよかった香夏子も、だんだんと化けの皮を剥がされてゆきます。自虐と鎧を指摘されて身ぐるみ剥がされるのは、可哀相ですらありました。ただの面倒臭い人、だったんですね。

 主人公が最後に選んだ決断は、自分に正直になるってことなのでしょうけれど、正直、ないな~と思ってしまいました。共感できない分、ほかの柚木作品ほどには好きになれませんでした。

 早稲田大学四年の早乙女香夏子には、留年を繰り返す脚本家志望のダメ男・長津田という腐れ縁の彼氏がいた。しかし、必死で就活に励んでいる間に後輩の女子が彼に急接近。動揺する香夏子だが、内定先の紳士的な先輩に告白されて……。自意識過剰で不器用で面倒臭い早稲女の香夏子と、彼女を取り巻く微妙な距離感の女子五人。傷つきながら成長する女子たちの等身大の青春小説。(カバーあらすじ)

  ・ [楽天] 


防犯カメラ