『開化鐵道探偵』山本巧次(東京創元社ミステリ・フロンティア)★★★☆☆

 明治初期を舞台にした鉄道(の工事現場)ミステリです。

 元八丁堀同心が探偵役を務めますが、捕物帳をリスペクトしているわけではなく、明治期の鉄道を舞台に選んだ関係上、警察官ではない私立探偵ポジションであっても不自然ではない存在として元同心が選ばれたということのようです。

 工事を邪魔するのはなぜか――が最大の謎なのですが、下っ端が暴走するのはよくあることとはいえ、黒幕の黒幕が「駄目でもともと」と考えていては、事件自体が無意味でした。

 薩長の確執といった当時の世相や、銀山工夫と雇われ工夫のいがみ合いという現場の空気はこの作品ならではのものでしょうが、国民の利益と個人の利益の対立のような現代に通ずる問題にはあざとさやわざとらしさを感じてしまいました。

 登場人物のなかでいちばん魅力があるのが実在した井上局長でした。

 明治十二年晩夏。鉄道局技手見習の小野寺乙松は、局長・井上勝の命を受け、元八丁堀同心の草壁賢吾を訪れる。「京都―大津間で鉄道を建設中だが、その逢坂山トンネルの工事現場で不審な事件が続発している。それを調査する探偵として雇いたい」という井上の依頼を伝え、面談の約束を取りつけるためだった。井上の熱意にほだされ、草壁は引き受けることに。逢坂山へ向かった小野寺たちだったが、現場に到着早々、仮開業間もない最寄り駅から京都に向かった乗客が、転落死を遂げたという報告を受ける。死者は工事関係者だった! 現場では、鉄道工事関係者と、鉄道開発により失業した運送業者ら鉄道反対派との対立が深まるばかり。そんな中、更に事件が……。(カバー袖あらすじ)

  

『謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー』はやみねかおる他(講談社タイガ)★★☆☆☆

 新本格30周年記念の館ものアンソロジー第2弾です。新本格のスタートという位置づけの『十角館』にちなんでの館ものなのでしょう。同じく30周年記念の『7人の名探偵』が新本格第一世代の作家たちであるのに対して、この『謎の館へようこそ』は孫・曾孫世代の作家が中心です。そんななか、この巻にははやみねかおる恩田陸というわりとベテランの作家が参加しています。
 

「思い出の館のショウシツ」はやみねかおる ★★☆☆☆
 ――書籍の舞台をメタブックとして現実世界に作りあげるディリュージョン社の手塚と森永は、定年退職する上司のためにどのような企画で送り出すべきか悩んでいた。森永は子供の頃に遭遇した出来事を思い出した。ある館が火事で消失し、翌日からは誰に聞いてもそんな館や住人の存在を知らなかった。

 謎の館の正体についてはすぐに見当がついてしまいますが、この作品のなかで必然性が取れているのでつまらないとは思いません。けれど密室トリックは作中作ゆえか取ってつけですし、火がついた理由に関してはわざわざ「最後に残された謎」扱いするほどのものでもありません。あまり伏線が利いてませんし。虹北恭介シリーズとディリュージョン社シリーズ(?)の一篇のようです。
 

「麦の海に浮かぶ檻」恩田陸 ★★★☆☆
 ――要と鼎は男女の双子だ。三月にやってくる転校生はどんな子だろう? ついに校長が女の子を連れてやってきた。「タマラは接触恐怖症なんだ。よろしく頼むよ」。ここにくるのはわけありの子ばかりだ。タマラはどうやら絵の才能があるようだった。いつしか鼎はタマラに魅かれていった。校長室のお茶会で具合悪そうに飛び出していったタマラを見て、鼎は疑問に思った。タマラは毒を盛られているのでは……?

 タイトルからも『麦の海に沈む果実』との関連が窺えますが、どうやら前日譚のようです。この作品単体ではプロローグとエピローグの部分の意味がわからず、『麦の海に沈む果実』読破済みが前提になっているのが惜しいところです。恩田陸の抽斗の一つである少女漫画風の世界観を舞台に、少女たちの耽美な関係が描かれています。ただタマラの体質からはどうしても山田風太郎を連想しちゃいますね……。
 

「QED~ortus~ ――鬼神の社――」高田崇史 ★★☆☆☆
 ――鬼王神社の巫女の春江は豆まきの準備に追われていた。本殿から物音がしたのを不審に思い覗いてみると、鬼のお面が顔を出し。盗みに入った泥棒が咄嗟にお面で顔を隠して逃げ出したのではないかと思われた。状況から内部犯の可能性が高い。現場付近に居合わせたタタルはそう言った。

 デビュー作『QED 百人一首の呪』も百人一首の謎と殺人事件が乖離していましたが、この短篇でも鬼の面をかぶった不審者と鬼に関する蘊蓄がまったくと言っていいほどリンクしていません。そのうえ短篇の長さしかないので蘊蓄すら中途半端でした。そうはいっても神社の特性を活かした犯人特定の理屈は見事でした。大学時代のタタルと菜々が登場するQEDシリーズの一篇です。
 

「時の館のエトワール」綾崎隼 ★☆☆☆☆
 ――ひかりは修学旅行の宿泊先に「時の館」を選んだ。卒業生が「時の館に泊まって三ヶ月前に戻ったおかげでやり直せた」と書いていたことに興味を持ったのだ。果たして、話したこともない別のクラスの森下海都が話しかけてきた――自分は三十二歳で気づくとここにいた。パリでひかりと出会い、ひかりに待ち受ける悲劇を伝えようと思ったのだ、と。

 犯人の狂気はまだわかりますが、それに引きずられて学生時代の出会い「すべて」を否定しようとするひかりの狂気にはついていけません。探偵役の登場と弾劾に唐突感がありましたが、どうやら君と時計シリーズというシリーズものの番外編だったようです。
 

「首無館の殺人」白井智之 ★☆☆☆☆
 ――幼い頃から乱暴者だった梔子クチジロウが妻を殺して腹を裂き胎児ともども首を斬って以来、そこは首無館と呼ばれるようになった。探偵社に失敗し借金のスタミナ太郎たち三人は、ワセダと名乗る人物から首無館を提供され、しほりんという女を監禁して太らせていた。妻殺し研究会の女子高生三人が館に侵入してきた夜、またも首無し死体が……。

 人物名をはじめとしたこの種のユーモアが受けつけませんでした。もちろん変な名前(とその仕掛け)は十角館へのオマージュではあるのでしょうけれど。汚いけれどそれが作風に則した物理トリックであるという意味では完成度は高いと言えます。
 

「囚人館の惨劇」井上真偽 ★★★☆☆
 ――バス事故の生存者たちが雨に降られて逃げ込んだ廃屋には、グーグルマップに人殺しが写り込んでいたという都市伝説があった。電子機器の類も壊れるかバッテリー切れのなか、僕らは救助を待っていた。事故のショックで解離性障害になった妹を守らなくてはならない。女医、霊感OL、廃墟マニア、不良中学生、教師、大学生、謎のスーツ男……中学生の一人が首と四肢を引きちぎられた状態で見つかった。

 なるほどだからタイトルが「殺人」ではなく「惨劇」なんですね。ちょっとした表記に本格ごころを感じます。どう考えても人知の及ぶところではなさそうな死に様の数々に、伏線がまぶされているうえで一応のところ筋の通った真実が明らかにされる――という意味ではこれも本格でしょう。

  

『謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー』東川篤哉他(講談社タイガ)★★★☆☆

 副題にあるとおり新本格30周年を記念した、館がテーマの書き下ろしアンソロジーです。綾辻行人的な〈館〉ものもあれば、舞台となるのが文化会〈館〉なだけのものもありましたが、意外なことに一族のお屋敷ものやクローズド・サークル的な意味での〈館〉ものはありませんでした。
 

「陽奇館(仮)の密室」東川篤哉 ★★★☆☆
 ――天才マジシャン花巻天界がこの陽奇館で突然の死を遂げました。四畳半一馬がそこまで言ったところで私は口を挟んだ。まだ完成していない建築中の館を陽奇館の名で呼んでいいものか……。タオルで首を絞められた花巻氏が倒れていた部屋は、掛け金のかけられた密室だった。掛け金に何らかの細工をしたのなら最初に扉に近づいた者が怪しいと四畳半探偵は言う。

 当然(仮)に何らかの意味があるものだと読み進めていましたが、超有名作のトリックが可能であるということを示すためのフェアな手がかりでしたか。しかも掛け金がかけられているという点で、その名作と比べても密室としてより完成度が上がっています。
 

「銀とクスノキ青髭館殺人事件~」一肇 ★★★☆☆
 ――七雲を殺そう。青髭館を見に行こうと私は七雲を誘った。人が消えてしまうという噂が本当ならば、殺さずとも消えてくれるのではないかと思いながら。「真似をしないで。個性だそうよ」そう言われて、私は側にあった花瓶を振り下ろしていた。翌日、そのままにしてきた死体の処理をしようと訪れると、死体は消えていた。そして私は庭で高校生“名探偵”罪善と出会った。

 「下位交換」や「棚に上がる」といったおかしな言葉遣いがそのまま用いられているのは、すべてが一人の高校生の内部のできごとであるということを仄めかしていたのでしょうか。やはりメインとなる仕掛けが目立ちますがそれだけではなく、青髭館の人間消失に関して、内面的な同一人物と外面的な同一人物と殺人事件という三者三様の説明が用意されている丁寧な作品です。
 

「文化会館の殺人――Dのディスパシリオン」古野まほろ ☆☆☆☆☆
 ――四重奏のソロ奏者が曲の冒頭で音をはずした。御殿山絵未が演奏会終了後に行方不明となり、一時間後に校舎四階から投身自殺した姿で発見された。臨床心理士の本多唯花は疑問を感じて四重奏者の残り三人に手記を書かせた。

 終幕《カーテンフォール》という結びからするとまさか黒死館を意識してるのでしょうか。罪と贖罪の意識からミとエを用いないというトンデモは、確かに黒死館並みにぶっとんでいますが……。無駄な改行、邪魔な読点、無意味な譬喩、自己満足な文体。単著ならば捨てるなり売るなりできますが、アンソロジーの一篇ではそうもいきません。
 

「噤ヶ森の硝子屋敷」青崎有吾 ★★★★☆
 ――異能の建築家・墨壺深紅が設計した硝子屋敷。実業家の佐竹はすべてが透明なその屋敷を手に入れ、学生時代の友人たちを招待した。到着後、各々がくつろいでいるとき銃声が響き、佐竹が胸を打たれて絶命していた。窓には鍵がかけられていたし、扉に近づいた者もいないのは透明な壁を通して明らかだった。直後、屋敷に火があがり……。

 単なる衆人環視の殺人ではなく、透明であることに意味がありました。タイトルになっている二つの単語のうち、「硝子屋敷」だけではなく「噤ヶ森」もトリックを補強する重要なキーになっていました。こういう細かいところに上手い下手が出ると思います。このトリックが現実に可能かどうかと考えるのは野暮の極みなのでしょう。
 

「煙突館の実験的殺人」周木律 ★★★★☆
 ――八人は気づくと天井にハッチのついた奇妙な部屋に閉じ込められていた。館の中央にある煙突状の塔は五十メートルもあり、脱出は不可能に見えた。AIの声が響き渡った。ここは政府所轄の実験施設であり、これから事件が起こる。全員一致で犯人を推理し、解答せよ。正解であれば解放し、不正解なら全員が死ぬ……。そして翌日、一人が煙突の天辺からぶら下がって揺れていた。

 冒頭から奇妙な館であることを隠そうともせず、それでいてなお微妙な違和感を手がかりとして、予想もできない壮大なトリックが明かされていました。こんな荒唐無稽なアイデアが成立しているのは、ひとえに小さな手がかりの積み重ねのたまものでしょう。「君こそ珍しい名前だね」や、「よくわかりません。見えないので……」のように、何気ないヒントがいくつもまぶされていたことに驚きます。
 

「わたしのミステリーパレス」澤村伊智 ★★★★☆
 ――デートの待ち合わせ中、匡さんの友人を名乗る男に連れられて、目覚めると奇怪な建物のなかにいた。巨大な椅子、逆さまの部屋……。わたしは拉致されたのだろうか……。/フリーライターの殿田はキジン伝の取材で、ミステリーパレスと呼ばれる館を訪れた。人が住んでいないだとか悲鳴や笑い声が聞こえるだとかいう噂があった。

 作者の持ち味であるホラーテイストと、謎の館の正体を探るというミステリーテイストのパートが交互に書かれ、最終的にそれが狂気として結実します。狂気の内容を種明かししておしまい――ではなく、さらに念を押して「ぜんぶ」という凄みにまで踏み込んでいました。

  

『蒸気で動く家 〈驚異の旅〉コレクションIV』ジュール・ヴェルヌ/荒畑邦博・三枝大修訳(インスクリプト)★★☆☆☆

 『La Maison à vapeur. Voyage à travers l'Inde septentrionale』Jules Verne,1880年

 シパーヒーの反乱セポイの乱)の指導者だったドゥンドー・パント(ナーナー・サーヒブ)がボンベイに現れたという情報がもたらされた。だがナーナーに妻を殺されたマンロー大佐はそんなことも知らずに、友人である語り手モークレールとバンクス技師とホッド大尉とマックニール軍曹と語らっていた。旅をするなら列車でも馬車でもなく、移動できる家でするのが一番だ、と。斯くして大佐たちは象の外装のエンジンに曳かれた二軒の家でインドを横断する。

 明治の未完訳以来の完訳です。

 一見すると八十日間世界一周の二番煎じです。ところがそれにしては八十日間にあったような賭けによるタイムリミットもありませんし、道中がインドに限られているので多様性もありません。マンロー大佐に妻を殺されたナーナーと、ナーナーに妻を殺されたマンロー大佐による、相互の復讐劇――という波瀾万丈になりそうなテーマは表に出て来ることはありません。ではこの作品の魅力は何なのかというと、セポイの乱をはじめとした、旅する先々でのインドの歴史と紀行ということになりそうです。それも八十日間の二番煎じではありますが。

 第二部に入って動物商マティアス・ファン・ハウトが登場してからは、大佐やナーナーそっちのけで虎や豹や象との攻防が続き、この辺りの娯楽パートはさすがにヴェルヌらしい生き生きとした魅力に溢れていました。

 登場人物が多いわりにキャラクターも記憶に残りません。語り手と従者は単なる語り手と従者以上のものではありませんし、マンロー大佐も影が薄い。ナーナー・サーヒブも初登場のインパクトに比して、因縁の対決(のはずの)クライマックスも、ナーナーが表に出て来ることはなく、もっぱらマンロー大佐の救出と再会に筆が費やされてしまっていました。全篇通して目立ったのは、狩猟キチガイのホッド大尉と技師のバンクスがはしゃいでいるくらいです。語り手に至っては、途中から語り手の地位すら取り上げられてしまう始末でした。鋼鉄の象を「死んだ」と表現しながらインド人ナーナーの死を虎狩りと称する殖民地イギリスの視点には、フランス人である語り手の視点は邪魔だったのかもしれません。

  

『奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い』木犀あこ(角川ホラー文庫)★★☆☆☆

 第24回日本ホラー小説大賞の優秀賞受賞作「幽霊のコンテクスト」と書き下ろし「逆さ霊の怪」を収録。

 ホラーというよりは、怪異(都市伝説)を狩猟してゆくキャラクター小説です。怪異を渡り歩くのは、ゴーストハントではなく飽くまで取材のためです。取材のため、という言葉からもわかるとおり、ホラー作家小説でもあります。キャラクター小説なのでシリーズ化しやすそうではあります。

 霊の見える新人ホラー作家の熊野惣介は、怪奇小説雑誌『奇奇奇譚』の編集者・善知鳥とともに、新作のネタを探していた。心霊スポットを取材するなかで、姿はさまざまだが、同じ不気味な音を発する霊と立て続けに遭遇する。共通点を調べるうち、ふたりはある人物にたどり着く。霊たちはいったい何を伝えようとしているのか? 怖がり作家と最恐編集者のコンビが怪音声の謎に挑む、第24回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作!(カバーあらすじ)

  


防犯カメラ