『文豪ノ怪談ジュニア・セレクション 夢』東雅夫・編/山科理絵・絵(汐文社)★★★★★

 タイトル通り十代向けの文豪怪談アンソロジー。挿絵・総ルビ・註釈つき。

夢十夜夏目漱石(1908)★★★★★
 ――こんな夢を見た。あおむきに寝た女が、もう死にますという。「死んだら、埋めてください。大きな真珠貝で穴を掘って、そうして星の破片を墓標に置いてください。また逢いにきますから」

 第三夜の註釈で、「こんな晩」というのがそうした型の話の題名でもあるということを初めて知りました。挿絵を担当している山科氏は、動物や洋装よりも、植物や和装の人物を得意としているようで、「夢十夜」のなかではお百度参りや表紙の絵に惹かれました。
 

「豹」内田百間(1921)★★★★★
 ――小鳥屋の大きな檻の中に、鷹がつがい、雛を育てていた。その隣りの檻に豹がいて、雛をねらっている。「この豹は見覚えがあるね」といった者がある。豹がこちらを向いた。「檻の格子が一本抜けている」といった者がいる。するとはたして豹が私らを喰いに来た。

 鷹だと思ったら鷲、「見覚えがある」豹、「半識り」の男たち、「多少かかわり合いのある女」等、知っているようで知らないという、まさに現実と薄皮一枚へだてた夢のような感覚のなか、最後には解釈を拒むような結末が待ち受けています。
 

「ゆめ」中勘助(1917)★★★☆☆
 ――二人は小舟にのって流れてゆく。不意にどこからか猿みたいな顔をして、胴体はカンガルーの人獣が、彼女をさらって逃げだした。

 漱石や百間の語り口や内容と比べると、「ゆめ」というより伝奇めいたグロテスクなイメージに溢れていて、作家性がわかって面白いと思いました。
 

「沼」芥川龍之介(1920)★★★☆☆
 ――おれは沼のほとりを歩いている。おれの丈よりも高い蘆が水面をとざしている。その蘆の向こうに不思議な世界があることを、おれは知っていた。おれはとうとう柳の上から、思いきって沼へ身を投げた。

 中勘助があまりにも独自色が強すぎるのに比べて、芥川はむしろ漱石夢十夜」の影響が強すぎるように感じます。
 

「病辱の幻想」谷崎潤一郎(1916)★★★★☆
 ――彼は歯をわずらって、えぐられるような苦痛のために、気が狂って死ぬかもしれなかった。今では痛みが臼歯や犬歯にまで共鳴を試み、ちょうどピアノの鍵盤を掻きまわしたごとく、口腔内へ反響をしつづけていた。

 前半はまるでユーモア小説のようで、中盤で連想から連想へ飛んだあと、終盤は幻想の地震の世界そのものに足を踏み入れてしまったかのような狂気に見舞われます。
 

「山の日記から」佐藤春夫(1928)★★★★☆
 ――谷崎と泉先生とは去年芥川龍之介のお弔いの帰りにこの家へ来て以来、一年ぶりで会うそうだ。雨は毎日やまず、夜になるとしきりに犬が吠える。谷崎が芥川に本をあげようと言っている。クウビンの「髑髏舞」だ。自分も芥川にやろうと買っておいた本があるのを思い出した。

 谷崎と著者と死んだ芥川の登場する夢もさることながら、病床に就いている隣家の主人としきりに吠える犬といった現実の方に、より不気味な雰囲気が漂っていました。
 

「病中夢」志賀直哉(1939)★★★★☆
 ――月夜。版画の下絵にする境内を見ておこうと思った。路に小さな白黒のぶち犬が死んでいた。水で死んだ犬か、長い毛がぐっしょり濡れていた。十歩ほど行きすぎた時、その犬が死んだまま起きあがって首を垂れ、後ろからついて来た。石段の上にある神社の門は閉まっていた。

 版画の下絵のために訪れた神社の景色ということになっていますが、むしろブリューゲルボッシュをはじめとする西洋の幻想怪奇系の画家による静止画を連想します。
 

「怪夢」夢野久作(1931,1932)★★★★☆
 ――海の底へ私は沈んでゆく。金貨を積んで沈んだオーラス丸の所在をたしかめよ……という命令を受けて……耳の底がイイイ――ンンと鳴りだした。遠くでお寺の鐘が鳴るような……。見ると青白い七本の燐光が近づいてくる。「わたしたちは乗組員のやつらに打ちころされて……」

 現実的な工場を舞台にした苦みの利いたファンタジーから始まり、精神世界に足を踏み入れた怪談になったあとは、シュールな幻想コントで幕を閉じるように、スタイルの目まぐるしく変わる怪奇幻想ショートショート集です。
 

「夢一夜」北杜夫(1979)★★★★★
 ――こんな夢を見た。うす暗い部屋の中に、色の白い痩せた女が一人寝ていた。女がたえだえの声で言った。「もう産まれるわ」「なにが?」「あなたの子よ」おれは呆然とした。第一、この女をおれは知らない。

 オリジナルの「もう死にます」を踏まえた「もう産まれるわ」には笑ってしまいました。それからも凄まじいパロディでありながら完成度の高いパスティーシュでもあるという、離れ業を最後まで演じきってくれています。
 

「夢を啖うもの」小泉八雲平井呈一(The Earter of Dreams,Lafcadio Hearn,1902)★★★★☆
 ――最近わたしが獏を見たのは、蒸暑い晩のことであった。大きな部屋の床に、わたしの影がうつっていない。ひょいと見ると、すぐそこの寝台の上に、わたしの死骸がのっている。そばには女が腰をかけていますが、知った顔の人はいません。

 獏に関する蘊蓄は外国人向けでしょうか、雰囲気のある怪談といった夢の景色のなかから、モンスターが襲ってくるのは、かなり怖い。
 

「黄泉の穴」東雅夫(『出雲国風土記』より,733)
 ――北の海の浜に磯有り。西の方の窟戸、高さ広さ各六尺許。窟の内に穴在り。人、入ることを得ず。夢に此の窟の辺に至らば、必ず死ぬ。故、黄泉の坂、黄泉の穴と号ひき。

 古典を紹介する、幻妖チャレンジというおまけコーナーです。

  

『夜明けの空を掘れ』沢村凜(双葉文庫)★★★☆☆

 『笑うヤシュ・クック・モ』改題。

 作者が沢村凜で「ヤシュ・クック・モ」なんてタイトルだから、てっきりファンタジーかと思ってましたが、純然たるミステリーでした。

 それぞれに屈託を抱えている5人の同窓生のうち、高等遊民的な生活を送る皓雅が中心となって足を使った探偵活動にいそしみます。この屈託、というのが、物語に深みを与えているといった味つけに過ぎないわけではなく、ちゃんと謎と真相にからんでくるのがミソです。

 当選していたはずの宝くじの、なぜか番号が違っていた、という謎や、ラブホテルから出てきた恩師と出くわしその写真を撮って逃げ出した同窓生、といったエピソードなど、何気ないながらドラマチックなミステリーが魅力的です。

 宝くじの真相を確かめるため、投票券を写したカメラを現像したはずが……取り違えられたカメラを追って、皓雅たちはカメラの持ち主をさがすことにします。

 ヤシュ・クック・モとはマヤ文明の王の一人で、カメラの持ち主がマヤ展とつながりがあるらしいという設定のほか、各章や物語の流れがマヤ遺跡に則って書かれていて、〈犯人〉にたどり着いたシーンは、不謹慎ながら美しいとさえ思ってしまいました。

 大学卒業後、ニート、フリーター、サラリーマン、コンビニ店主、研究者という立場にある同級生5人が集った。再会記念のtotoで見事1等を予想したのに、toto券に印刷された数字は、なぜか一つ違っていた……。仲間への疑心暗鬼が募るなか、彼らを導いたのは全く無関係に思われる「マヤ遺跡」だった。遺跡が熊り進められるように、意外な事実が明らかになる。果たして男たちが手に入れたものは何なのか。現実社会を生きる人間の切実さや愛おしさが、胸に深々と沁みる長編ミステリー。(カバーあらすじ)

  

『アルマ』3、『ハコヅメ』13、『ビューティフル・エブリデイ』2

『アルマ』3 三都慎司(集英社ヤングジャンプコミックス)
 いよいよアルマに乗り込んだレイ、ルキアナたちと、共闘する甲《ジア》、迎え撃つギジンたち。死を目前にしてアルマに接続した甲のシンイェンが見たデータによれば、アルマはかつて札幌の科学者が死んだ(?)娘「理世」のために作ったものらしきことが判明します。

 読み切り版「アルマ」に出てきたマナと先生が敵として登場。ゼロの発動条件がよくわからなくなってきました。ギジンはゼロに攻撃できないけれど触ることはできる、のはいいとして、ゼロはギジンを破壊しようと意図したときだけ破壊できる?悪意のあるギジンに触れたら自動的に破壊できる?

 ラムダが本性を表してきました。それまではマスコットみたいだったのに、本性は可愛くねえ。ルキアナを挑発しつつ、腰が引けているように見えるラムダが笑えます。

 そしてゼロの正体が明らかになります。SFとしてはよくあるパターンのひとつではありますが、それでもやはり驚きがありました。はじめからルキアナたちから描かずに、二人きりだったリチェとレイがようやく出会えた人類という持って生き方が上手いのでしょう。それになにより、特にルキアナが活き活きしているのが大きい。
 

『ハコヅメ』13 泰三子(講談社モーニングKC)
 レギュラー陣のなかでは比較的まともな牧高の、やっぱり変な人なところが見られる107話「牧高の受難」。基本的にパーフェクトな藤部長が手玉に取られる108話「源流取り調べ術」。「同期のさくら」編でも源部長のイケメン設定が描かれていましたが、110話「ギフテッド・モジャ」でも再びネタにされています。これは次の111話「心構えを怠るな」への前フリでした。源部長のルーツが判明するシリアス回。ただの太陽に吠えろオマージュだと思っていたら、叙述トリック(?)でした。そしてこれまでにも何度か話題にされていた署長の退官に伴い、新しい署長の登場です。パーフェクトゴリラ藤部長の人間らしい一面が見られるのが112話「AV王子の企み」。
 

『ビューティフル・エブリデイ』2 志村貴子祥伝社フィールコミックス)
 それぞれの過去篇。お兄ちゃんはたまたまタイミングが悪かったとかではなく元から普通にクズのキモイ変人でした。そんなクズエピソードを描いておきながら、あっさり両想いになるのが可笑しい。『こいいじ』もそうでしたが、最近の志村貴子は普通のラブコメっぽい作品も描くようになってきているのですが、個人的には『放浪息子』『青い花』『淡島百景』『娘の家出』のような作品をもっと描いて欲しいです。
 

    

『ミステリマガジン』2020年7月号No.741【藤田宜永追悼&冒険小説の新時代】

 コロナの影響で一か月遅れの7月号です。

 マーク・グルーニー『レッド・メタル作戦始動』刊行に伴う冒険小説特集。掲載されているのは思い出話ばかりで「新時代」と言えるのは『レッド・メタル作戦始動』関連の一記事のみ。エッセイには霜月蒼・月村了衛・福田和代らが寄稿。少なくともこの人たちの文章は思い出ばかりではなく前を向いています。

 藤田宜永特集は笠井潔らのエッセイと再録記事。
 

「病気になるということ」ヴァージニア・ウルフ/片山亜紀訳
 コロナ流行に寄せて、ヴァージニア・ウルフのエッセイの新訳。
 

「おやじの細腕新訳まくり(18)」

「ミスター・フィンドレイターの三つの夢」A・A・ミルン/田口俊樹訳(The Three Dreams of Mr. Findlater,A. A. Milne,1949)
 ――四十八歳の既婚者で銀行の支店長であるフィンドレイターには大層気に入っている夢がふたつあった。ひとつは自分に関する夢。もうひとつは妻のミニーが突然死する夢だ。そしていつしか、ミニーを殺したいという第三の夢が生じるようになった。その夢を身ごもったのはクラブのトイレの中だった。その後、誰も乗っていないセダンの中から拳銃を見つけたときから三番目の夢ははじまった。

 「虹をつかむ男」よりも夢のない惨めなおっさんの夢想が実現してしまうアイテムを手に入れるものの……夢は夢という当たり前の結末のその先に、運命の皮肉が待ち受けていました。
 

「ミステリ・ヴォイスUK(119)コロナ危機に読む『いいなづけ』」松下祥子

「迷宮解体新書(116)福田和代」村上貴史
 

「今月の書評」

『あの本は読まれているか』ラーラ・ブレスコット東京創元社が力を入れて紹介しているので以前から気になっている作品です。『修道女の薔薇』キャロル・オコンネルは、マロリー・シリーズ第12作。あの名作『クリスマスに少女は還る』と同じく、「誘拐された子供の戦いを描いた小説」。

『緋色の残響』長岡弘樹は、「傍聞き」の「母娘コンビが再登場するシリーズ」。

『三体II 黒暗森林』劉慈欣も出ました。

『大阪圭吉自筆資料集成』小野純一編が、古書店盛林堂書房より刊行されています。

『大忙しの蜜月旅行』セイヤーズ創元推理文庫の新訳版には「〈トールボーイズ〉余話」も併録。『ハーリー・クィンの事件簿』創元推理文庫からの新訳です。クィンとサタスウェイト「二人の関係は、北村薫の“円紫さんと私”の先達だったよう」という新保氏の考察が面白い。
 

  

『翼のジェニー ウィルヘルム初期傑作選』ケイト・ウィルヘルム/伊東麻紀他訳(アトリエサード/書苑新社)★★☆☆☆

 河出文庫の『20世紀SF』に「やっぱりきみは最高だ」が収録されていたケイト・ウィルヘルムの短篇+中篇集ですが、今となってはだいぶ古びてしまっているのは否めません。
 

「翼のジェニー」佐藤正明訳(Jenny with Wings,Kate Wilhelm,1963)★☆☆☆☆
 ――翼があるため人並みの恋も家庭生活も学生生活も送れなかったジェニーが、初めて本当の恋に落ちた。自分は子どもが産める身体なのか、翼があるのにどうやってあれをするのか、医者に相談に訪れた。

 アイデアもストーリーも陳腐なのはいいとして、あるいは思春期ゆえの不安を「人とは違う〈翼〉」に託したものかと捉えるにしても、その心理描写すらお粗末(という以前に皆無)という、気持ち悪い作品でした。
 

「決断のとき」安田均(A Time to Keep,1962)★★★☆☆
 ――ハリスンはドアを開けるたびにのっぴきらない状況から逃げ出してしまう幻覚を見るようになってしまった。

 悪夢と現実が交互に繰り返されるところはまるでミステリーゾーンのようです。
 

「アンドーヴァーとアンドロイド」安田均(Andover and the Android,1963)★★★☆☆
 ――独身男は出世できないため、個人では所有が禁止されているアンドロイドを秘密裡に嫁代わりにしたロジャー。ロジャーはアンドロイドのリディアにいつしか心を奪われていた。

 ある意味そのアンドロイドは完璧であった、ようです。
 

「一マイルもある宇宙船」安田均(The Mile-Long Spaceship,1957)★★☆☆☆
 ――アラン・ノーベットが目を覚ますと、病院のベッドの上だった。「じっとしていてください。事故で頭の骨が折れたので手術しなけりゃならなかったのです」 事故? 船に事故が発生することなどあり得ない。事故に遭ったなら宇宙空間で死に絶えているはずだ。

 地球上にいる一個人の精神が、時空を越えた宇宙人と接続して……。
 

「惑星を奪われた男」増田まもる(The Man Without a Planet,1962)
 

「灯かりのない窓」増田まもる(No Light in the Window,1963)
 

「この世で一番美しい女」伊藤麻紀訳(The Most Beautiful Woman in the World,1968)★★☆☆☆
 ――目をあける前に、彼は去っていた。「本当だった。きみはこの世で一番美しい女だ」……会議はもう始まっているはずだった。ひとりが青あざに目を留め、医師が呼ばれた。会議が終わると、写真を撮られた。
 

「エイプリルフールよ、いつまでも」尾之上浩司訳(April Fool's Day Forever,1970)★★☆☆☆
 ――二度の死産は殺人なのだ、とジュリアは考えた。ジュリアは神秘的な考えに囚われて自分で病院を探し始めた。やがて夫のマーティはドクター・ワイマンから異様な話を聞かされる。

 本書唯一の中篇。タイトルは、人類を守るための(支配者側に都合のいい)嘘、ということのようです。

  


防犯カメラ