『童話物語 (上)大きなお話の始まり/(下)大きなお話の終わり』向山貴彦著/宮山香里絵(幻冬舎文庫)★★☆☆☆

『童話物語 (上)大きなお話の始まり/(下)大きなお話の終わり』向山貴彦著/宮山香里絵(幻冬舎文庫

 タイトルが〈童話物語〉とは大きく出たものです。童話と物語を代表するとでもいいたげな自信に満ちていますが、おそらくは『指輪物語』のもじりでもあるのでしょう。

 元となる自費出版は1997年、幻冬舎版初刊は1999年。ハリー・ポッターの第一作が1997原著刊行、1999年訳書刊行。守り人シリーズの第一作が1996年、第二作が1999年刊行。荻原規子はすでに何作か発表していたようですが、要するに本書は日本におけるファンタジー元年以前の作品なので、当時の驚きはいかほどのものだったかと思いますが、面白さこそ変わらないもののいま読むとさして特別なところはありません。

 レ・ミゼラブルな少女ペチカが妖精フィツと出会い、でも何一つ変わらずに不幸なまま苦労を重ねてゆきます。妖精は人間界に干渉できないというのはお決まりではありますが、手助けどころか無能で人間くさくて何の役にも立ちません。孤独な少女にはいるだけでも拠り所だったのでしょうけれど。そんなフィツが、実は「妖精の日」の判断のために人間を観察しにきていたということがわかり、周囲の人間を滅ぼす炎水晶をめぐって悪い妖精ヴォーと相対するのが上巻のクライマックスでした。

 ことあるごとに鬼婆の守頭に追いかけ回される場面がスラップスティックとして効果をあげていました。

 下巻はそれから一年後。ペチカを追って見つけられないまま浮島アルテミファで煙突掃除人として暮らす少年ルージャンの生活が描かれます。ルージャンは同じくペチカとはぐれたフィツと出会い、海賊の宝をめぐるいざこざに巻き込まれてしまいます。このあたりは少年冒険ものの王道という感じで、不幸な少女ものだった上巻と対になっていました。

 下巻の中盤からは失速してしまいます。上巻の悪役だった守頭と炎水晶がそれぞれ再登場。単調なのは否めません。

 ところで主人公のペチカは性格が悪いと書かれていますが、別に陰険だとか人間性に問題があるとかいうわけではなく、ただ単にちょっとずるくて感情を大きく出し必死なだけでした。

 世界は滅びるべきなのか? その恐るべき問いの答えを得るために、妖精フィツは地上へとやってきた。最初に出会ったひとりの人間を九日間監察して判断することがフィツの使命。しかし、フィツがたまたま出会ったのは極めて性格の悪い少女ペチカだった。単行本未収録の設定資料を新たに追加して、感動のロングセラー、ついに文庫化!(上巻カバーあらすじ)

 妖精フィツとの突然の別れから一年、十四歳になった少女ペチカは大都市パーパスで暮らしていた。初めて幸せを手にしたかに見えたペチカだったが、世界の最後を告げる「妖精の日」はすぐそこまでやって来ていた……。すべてが崩壊へと向かう中、始まるペチカの最後の旅。そして感動のクライマックスへ! 各誌紙で絶賛された長編冒険ファンタジー(下巻カバーあらすじ)

   

『幻想と怪奇』6【夢境彷徨 種村季弘と夢想の文書館】(新紀元社)

『幻想と怪奇』6【夢境彷徨 種村季弘と夢想の文書館】(新紀元社

〈幻想と怪奇〉アートギャラリー ヨハン・ハインリヒ・フュースリー」
 『夢魔』のヴァリアントなど。
 

「A Map of Nowhere 06:「詩と神々」のパルナッソス山」藤原ヨウコウ

「詩と神々」H・P・ラヴクラフト&アンナ・ヘレン・クロフツ南條竹則(Poetry and the Gods,H. P. Lovecraft and Anna Helen Crofts,1920)
 

「商務顧問官クーノ・ヒンリクセンと贖罪者ラララジュパット-ライ」グスタフ・マイリンク種村季弘(Der Herr Kommerzienrat Kuno Hinrichsen und der Büßer Lalaladschpat-Rai,Gustav Meyrink,1916)
 ――やがて睡眠の神が商務顧問官の心を腕に抱き取った。パンフレットに記載されていた無一文の断食行者に自分が変身しているのを目のあたりにした。「そなたは何者か」と声が問うた。商務顧問官である断食行者は「神にいたる道をもとめております、贖罪者のラララジュパット-ライでございます」と答えていた。導師は言った。「修行を授けよう。汝、盗むなかれ」。これまで盗みを犯したことはなかった、と贖罪者は考えていたのだろう。「いままで何を食べて生きてきたのだ」と問われて、「谷間に草を食んでいる牝牛のミルクで」と答えると、「おまえは盗んだのだ、あの牝牛はある裕福な商人のものなのだから」という。

 よくある邯鄲の夢のような退屈な超俗世界の話かと見えて、そこから俗物的な教訓を導き出す根性には笑ってしまいました。
 

「怪人タネムラを追って夢の世界へ」垂野創一郎編訳

「睡眠中の幻影や顕われについて」パラケルスス(Von geistlichen Gesichten und Erscheinungen im Schlaff,Paracelsus)

「眠りと夢について」ビンゲンのヒルデガルト(Der Mensch zwischen Schlaf und Wachen,Hildegard von Bingen)

「緑色の封印されたお告げ(抄)」H・C・アルトマン(Grünverschlossene Botschaft,Hans Carl Artmann)

「十八世紀の一夜」オスカル・A・H・シュミッツ(Eine Nacht des achtzehnten Jahrhunderts,Oscar A. H. Schmitz)

夢日記(抄)」ゲオルク・ハイム(Meine Träume,Georg Heym)

「新しい生――建築的黙示」パウル・シェーアバルト(Das neue Leben - Architektonische Apokalypse,Paul Scheerbart)
 

「セイレーンの歌」エドワード・ルーカス・ホワイト/夏来健次(The Song of Sirens,Edward Lucas White,1919)★★★☆☆
 ――わたしが乗った船の一等航海士ウィルソンは耳が聞こえなかった。本を貸したのがきっかけで親しくなり、ホメロスの『オデュッセイア』の話になったときのことだ。ウィルソンは世の中に広く流布しているセーレーンの姿はまちがいだと主張した。「どうしてわかる?」「この目で見たからだ」。六年前のこと、乗っていた船が嵐に遭い、大型ボートで陸にたどり着いた。小型ボートで捜索に出た乗組員が戻ってこない。望遠鏡で覗くと、白い堆積物に坐りこんで小島の中央にある丸い石を見つめていた。丸い石の上にはふたりの女の姿が見えた。

 内容自体は夢とは関係ありませんが、著者は自分が夢に見たことをそのまま小説に書いたことで知られる怪奇作家です。昔の作品特有のゆったりしたテンポで話が進みます。セイレーンよりもウィルソンの謎めいたキャラクターの方に印象が残ります。
 

「断崖館――ある幽霊物語」アンナ・キングスフォード/田村美佐子訳(Steepside: A Gost Story,Anna Kingsford,1889)★★★☆☆
 ――友人宅に向かう途中で悪天候に遭い、近くにある無人の館に泊まらせてもらった。棚にあった本を手に取りひらいてみた。そんそときなにかがふいに“ぽとん”と音を立てて落ちてきた。血の滴だ! やがて扉の下からなにかがゆっくりと沁み出してきた。窓の外の雪道をふたりの女が追いつ追われつしているのが見えた。ひとりはピストルのようなものを握っている。翌日、わたしはその館のことを知っているらしいフランス人の神父に会いに行った。

 これもまた実際に見た夢を小説にしたものだそうです。古い作品のわりには(古い作品ゆえに?)けっこうグロテスクな描写もありました。怪異よりもむしろその因縁の方が派手でした。神父を出してきて怪異に宗教的なつじつま合わせをさせるのも面白いところです。
 

「影」ヘンリー・S・ホワイトヘッド/植草昌実訳(The Shadows,Henry S. Whitehead,1927)★★★☆☆
 ――その影をはじめて見たのは引っ越して一週間が過ぎた頃だった。寝室に入って電灯を消したとき、その“影”が現れた。星明かりのなかに何かがおぼろげに見えた。ベッドの支柱がずいぶん近くに見えた。手を伸ばしたが何も触れなかった。夜明かりをたよりによく見ると、それは急に位置を変えた。その家のあるじだったモーリスはかつて“ゾンビ”のようなものを呼び出し、力を借りたという。

 故人の生前と同じ家具の配置なのを知ってびっくりするという何だかよくわからない結末でした。
 

「闇の国」マイクル・マーシャル・スミス/嶋田洋一訳(The Dark Land,Michael Marshall Smith,1991/2020)★★★☆☆
 ――

 短篇集『みんな行ってしまう』にも収録された世界幻想文学大賞受賞作、2020年の加筆・改稿バージョン。
 

「悪夢」ラムジー・キャンベル/植草昌実訳(Fetched,Ramsey Campbell,2015)★★★★☆
 ――大学の常勤を辞めてからローレンスは言い訳めいたもの言いが増えてきた。「昔よく行ったところがあるんだ」という夫の言葉にヴァイオレットが同意したのはそういう事情もあった。「見覚えのあるものに気づいたら声をかけるよ」表示板には迷い犬捜しのポスターが貼られていた。ヴァイオレットがカーヴを曲がると、銀色のジャガーが道を塞ぎ、老人が顔を出した。「フェッチャーを捜しにきたのか?」「何だって?」「フェッチャーがそんなふうに鳴くと思ったか? 立ち去るがいい」

 故郷に行くつもりで異世界に迷い込んで囚われてしまった夫婦の話です。話が通じない住人、地名の一部がポスターに隠れているかのように見えて実は見えている部分が地名のすべてだったというずらし方、顔の部分の見えない迷い犬のポスター……不穏な空気の作り方と重ね方が巧みです。
 

「メデュウサ」井上雅彦

「金の鋏」荒居蘭

「毎夜死ぬ私達が、現実上手になるために」斜線堂有紀
 映画『恋愛上手になるために』と夢の話。

アルバート・モアランドの夢」フリッツ・ライバー若島正(The Dreams of Albert Moreland,Fritz Leiber,1945)★★★☆☆
 ――私がアルバート・モアランドに会ったのは、同じアパートの同じ階に住んでいたからで、初めて夢の話を聞いたのもそこだった。ちょうど一局指し終わったところだった。「チェスが複雑なゲームだって思うのかい? でもおれは、その千倍も複雑なゲームを、毎晩夢の中で指しているんだ」。駒はどれも反吐が出そうなものだった。とりわけ目を奪われる駒を「射手」だと思ったのは、そいつが持っている武器が遠くの相手を傷つけられるような気がしたからだ。「きみが夢の中で対戦している相手は誰なんだい?」「さあな。駒はひとりでに動くんだ」

 夢が実体化して、人間がひとり姿を消す、というのはよくある話ですが、夢を見ている当人だけでなく話を聞いた語り手まで同調してしまいます。
 

「静かに! 夢を見ているから」ローラン・トポール榊原晃三(Silence, on rêve,Roland Topor,?/1968)★★★☆☆
 ――火星人がクリスチーヌの顔を覗きこんでいた。「お前の心臓はとくにやわらかいにちがいない。生のまま味わってやろう!」「クリストフ・アルノが助けてくれるわ」。火星人が消え、まだ煙を吹いている採鉱機を片手にクリストフが現れた。「クリストフ!」「いとしいクリスチーヌ!」。目を覚ましたクリストフが階段の下で管理人に出会うと、管理人はこういった。「ブラヴォ、アルノ先生、ゆうべはたいへんなご活躍ぶりだったそうで。火星人なんかくそくらえですわ!」。管理人はクリストフの夢のことを知っていたのだろうか? そんなばかな。

 『リュシエンヌに薔薇を』収録作。誰もが自分と同じ夢を見ているという状況にスポンサーがつくユーモア作品で、ユーモアものに相応しいオチがついていました。
 

「トルネード・スミスの大冒険」アルジャーノン・ブラックウッド/渦巻栗訳(The Adventure of Tornado Smith,Algernon Blackwood,1935)★★☆☆☆
 ――「切符はいかがですか」と少年が言った。「たったの一シリングでどこに行けるんだい?」「どこにでも」「それじゃあいただこうかな」「正午までにロビン・フッド門に来てください。編み物をしている少女に切符を見せれば案内してくれます」。少女が木の下に座っていた。そばでは黒猫が前足をなめている。「本当に道を案内してくれるのかな?」「もちろん」「行き先が――〈妖精郷〉でも?」「わたしはそこに住んでます。名前は〈偶然〉っていいます。妹の〈幸運〉といっしょに住んでます」と言って猫を指した。

 怖い話ではありません。
 

「天蓋の彷徨」君島慧是

「ローシーン・ドゥの肖像」ドロシー・マカードル/館野浩美訳(The Portrait of Róisín Dhu,Dorothy Macardle,1924)

  

『魔術師』佐々木俊介(2016)★★★☆☆

『魔術師』佐々木俊介(2016)

 著者Webページ(→https://s-mystery.net/club/ 旧http://vanish2018.jp/)で公開されていたものです。

 鮎川哲也賞佳作となったスリーピング・マーダーものの青春ミステリ『繭の夏』の著者による、ゴシックミステリです。

 一代で財を築き『魔術師』という自伝をものした青茅伊久雄は、瀬戸内海の孤島・盃島《さかしま》を買い取り〈神綺楼〉という屋敷を建てた。引退した青茅は龍済と名乗り、四人の孤児に神秘学を教えていた。平成二十四年、大学生の光田聖は龍済に招かれて神綺楼を訪れる。どうして自分が招かれたのだろうか――。疑問に思いながら過ごすうち、聖は孤児の一人・火美子に惹かれてゆく。やがて龍済のコレクション室〈驚異の部屋〉からの転落死を皮切りに、一人また一人と死者が増え……。

 孤島で育てられた四人の孤児や驚異の部屋《ヴンダーカンマー》など、平成の世を舞台に『黒死館』を彷彿とさせる世界が展開されます。

 ゴシックと現代とは異質とも思える組み合わせですが、実は仕掛けの一つ【※死者の魂を甦らせるため、過去の出来事と同じ舞台を現代に整える】は現代を舞台にしていることに意味がありました。【『十角館』】でおなじみのネタ【※ニックネームによる叙述トリック】を、【固有名詞】で成立させたところには見事に騙されました。

 当然のことながらこれらが成立するためには舞台が作り物の世界でなくてはならないのですが、正直なところ、もっと作り物でもよかったのではないかと思います。どうせ非現実的な真相なのですから、それこそ『黒死館』並みに非現実的な方がむしろ説得力が上がったと思うのですが、現代と接続させなければならないことを考えると、匙加減が難しいところです。

 本書には四大元素ホムンクルスや神秘学が顔を出しますが、なかでも神秘学に基づく仕掛けが作品全体を覆っており、単なる味付けには終わっていません。龍済が火美子に向ける愛情の深さは作中でもしばしば言及されており、狂気ともいえる仕掛けの伏線の一つとして機能していました。

 ただ、その仕掛けに対する反抗の方はしかし、閉じた世界しか知らなかったのだろうとはいえ、死という方法を採らなければならなかったのだろうかと、読み終えてみても疑問が残りました。【※二代目龍済による火美子復活に利用されないために四人の孤児はみずから死を選ぶ

 著者解題によると、『痴人の愛』をモチーフにしているそうです。なるほど痴人・龍済による愛は、痴人・聖によって引き継がれたようです。

 著者ホームページ → https://s-mystery.net/club/

『今昔百鬼拾遺 天狗』京極夏彦(新潮文庫)★★☆☆☆

『今昔百鬼拾遺 天狗』京極夏彦新潮文庫

 中禅寺敦子と呉美由紀の登場する今昔百鬼拾遺シリーズ第三弾。本書には「鳴釜」のお嬢様・篠村美弥子が登場します。

 「天狗になる」にちなんで「高慢」がらみの台詞が各章を彩っていました。

 山で陥穽に落ちて遭難した美由紀と美弥子の会話から成るパートと、二人が山に来るに至った事情が明らかにされるパートが交互に描かれているという構成なので、動きがなくかなり地味です。

 陥穽のなかで為された会話にいたっては事件とも妖怪ともほぼ無関係の、美弥子による義憤が大半を占めています。昨今の勝ち組負け組やLGBT差別などに対する批判が繰り広げられていて、「鳴釜」事件の美弥子というキャラクターが採用されたのはそれが理由でしょう。

 しかしこの美弥子さん、興味のないことには割りと適当らしく、本書のテーマである天狗にはかなりテキトーなことを言っているのは可笑しかったです。

 美弥子の友人・是枝美智栄が、掻き消えたとしか思えない状況で高尾山で消息を絶ちました。迦葉山で発見された女性の遺体は、なぜか美弥子が美智栄にあげた衣服を身につけていました。美智栄が消息を絶ったのと同日、同じ高尾山で天津敏子なる女性が自殺しており、同性との結婚を旧弊な祖父に反対されていたことがわかります。そしてその天津の恋人・葛城コウも行方不明になっていることが、敦子の調査で判明します。手がかりを求めて美由紀と美弥子は高尾山に登るのですが……。

 事件の全貌は少しずつ明らかになってくるものの、なかなか構図が見えません。それもそのはず、美弥子や美由紀の義憤ははっきり言って長すぎます。真相【※レズの孫娘のことを許せない祖父が孫娘を本気で成敗しようとしているのを、父親が助けるために身代わりの死体を立てて娘カップルを逃がした】は確かに古い価値観と現実がぶつかったところにありましたが、『姑獲鳥の夏』の蘊蓄があの真相披露に必要だったのに比べると、本書の長広舌の必然性はそこまでありませんでした。

 今昔百鬼拾遺三作のなかでは一番長いのに、無駄な長さに感じられてしまい、一番つまらなかったです。ほかの二作(web連載と『幽』『怪』連載)と比べ、読者の年齢層が高そうな『小説新潮』という連載媒体も影響しているような気もします。おっさん向けにおっさん批判で高らかに教導しているような。

 三作のなかでは妖怪の扱いも一番小さく、先の「天狗になる」と「失踪=天狗攫い」くらいだったのも物足りませんでした。

 トリックは小ネタ【※身代わり殺人】ですし、犯人たちの動機・信念も狂気の域にまで至るものではなく自分勝手すぎる【※祖父「レズは死ね」。父親「娘の代わりに別人を殺して娘が死んだことにして祖父を騙そう」】レベルなので、ミステリを読んだというカタルシスには乏しい作品でした。そもそも自分勝手を批判する文脈なので、狂人のロジックで感銘を受けさせるわけにはいかないという事情はあるのでしょうが。

 昭和二十九年八月、是枝美智栄は高尾山中で消息を絶った。約二箇月後、群馬県迦葉山で女性の遺体が発見される。遺体は何故か美智栄の衣服をまとっていた。この謎に旧弊な家に苦しめられてきた天津敏子の悲恋が重なり合い―。『稀譚月報』記者・中禅寺敦子が、篠村美弥子、呉美由紀とともに女性たちの失踪と死の連鎖に挑む。天狗、自らの傲慢を省みぬ者よ。憤怒と哀切が交錯するミステリ。(カバーあらすじ)

  

『今昔百鬼拾遺 河童』京極夏彦(角川文庫)★★★☆☆

『今昔百鬼拾遺 河童』京極夏彦(角川文庫)

 初出媒体が『幽』『怪』だったためか、冒頭から女学生による河童談義が始まります。多々良先生も登場して、全篇にわたって久しぶりの妖怪蘊蓄が披露されていました。とは言っても掘り下げられたものではなく、河童の基礎知識みたいなものですが。

 女学生のあいだで噂になっている、便所で尻をさわろうとする怪。男ばかりが狙われた連続覗き魔事件。探偵・益田を訪れた蝋細工師は、奇妙な仕事のことを語った。不正に手に入れたものを高貴なお方に返すため、模造宝石を作ってほしい――。要領を得ない話はやがて、尻を丸出しにされた溺死体という連続猟奇事件へと発展する。事件を追う益田と敦子が関係者の地元を訪ねると、多々良と美由紀に再会する……。

 敦子自身が話す順番について自答しているように、女学生の河童談義から始まって川と尻ばかりが表に出て来ているために、なかなか事件の正体をつかませません。ようやく時系列に沿って事件が整理されてからも、誰が被害者で誰が加害者なのか、それと事件の様相が一致しないままです。

 すべてが明らかになってみれば、犯人グループの利害に対する認識のズレが事件のちぐはぐさを引き起こしていたとわかります。このズレが尾を引いて生まれたのが、現代の水死事件で、その因果応報な真相には、そんな偶然あるか?と思いつつも面白いと感じました。【瀕死の被害者が移動先で死亡した】川瀬の死に際といい、【事故だった】連続水死事件といい、この規模で起こっているのは珍しいのではないでしょうか。

 昭和29年、夏。複雑に蛇行する夷隅川《いすみがわ》水系に、次々と奇妙な水死体が浮かんだ。3体目発見の報せを受けた科学雑誌「稀譚月報」の記者・中禅寺敦子は、薔薇十字探偵社の益田が調査中の模造宝石事件との関連を探るべく現地に向かった。第一発見者の女学生・呉美由紀、妖怪研究家・多々良勝五郎らと共に怪事件の謎に迫るが――。山奥を流れる、美しく澄んだ川で巻き起こった惨劇と悲劇の真相とは。百鬼夜行シリーズ待望の長編!(カバーあらすじ)

  


防犯カメラ