『世界を売った男』陳浩基/玉田誠訳(文春文庫)★★★★☆

『世界を売った男』陳浩基/玉田誠訳(文春文庫) 『遗忘・刑警』陈浩基,2011年。 今や『13・67』『ディオゲネス変奏曲』ですっかり著名となった香港出身の作家による、長篇デビュー作であり、第2回島田荘司推理小説賞受賞作でもあります。 原題は『記憶喪…

『現代詩人探偵』紅玉いづき(創元推理文庫)★☆☆☆☆

『現代詩人探偵』紅玉いづき(創元推理文庫) 『Rhyme for Crime』2016年。 英題が韻を踏んでいてお洒落です。 15歳のころ一度だけ参加した『現代詩人卵の会』。10年後に再会したときには9人からなる詩人の会のメンバーのうち4人が自殺していました。当時…

『パリのアパルトマン』ギヨーム・ミュッソ/吉田恒雄訳(集英社文庫)★★★☆☆

『パリのアパルトマン』ギヨーム・ミュッソ/吉田恒雄訳(集英社文庫) 『Un appartement à Paris』Guillaume Musso,2017年。 フランスで一番売れている作家だそうで、確かに面白さは一級品です。 劇作家の男性と元刑事の女性が手違いから同じ家を借りてし…

『終りなき夜に生れつく』アガサ・クリスティー/乾信一郎訳(ハヤカワ・ミステリ文庫)★★★☆☆

『終りなき夜に生れつく』アガサ・クリスティー/乾信一郎訳(ハヤカワ・ミステリ文庫) 『Endless Night』Agatha Christie,1967年。 ノン・シリーズものです。 ジプシーの呪いの伝説が残る土地に魅せられた主人公の青年が、富豪令嬢と恋に落ちてその土地に…

『おろしてください』有栖川有栖作/市川友章絵/東雅夫編(岩崎書店 怪談えほん12)★★★★☆

『おろしてください』有栖川有栖作/市川友章絵/東雅夫編(岩崎書店 怪談えほん12) 有栖川有栖らしい鉄道怪談です。 道に迷った少年が化物たちの世界に紛れ込んでしまうというオーソドックスな内容ながら、動物や怪物のイラストで知られる市川氏の絵が不気…

『アンの愛情』モンゴメリ/松本侑子訳(文春文庫)★★★☆☆

『アンの愛情』モンゴメリ/松本侑子訳(文春文庫) 『Anne of the Island』L. M. Montgomery,1915年。 アン・シリーズ第三作。カナダ本土の大学に進んだアンの18歳から22歳までが描かれています。 級友と過ごしている最中に空想に耽ったり(p.61)するとこ…

『サンリオ男子 俺たちの冬休み』静月遠火(メディアワークス文庫)★★★☆☆

『サンリオ男子 俺たちの冬休み』静月遠火(メディアワークス文庫) サンリオ好きのイケメン男子が登場する女子向けアニメの小説版、らしい。 『パララバ』『ボクらのキセキ』『真夏の日の夢』『R&R』の静月遠火が担当していることからわかる通り、当然の…

『S-Fマガジン』2022年6月号No.751【アジアSF特集】

『S-Fマガジン』2022年6月号No.751【アジアSF特集】 久々のアジアSF特集なので期待したのですが、すでに成熟期に入ってしまったのか、一時期のような熱さは感じられませんでした。『三体X 観想之宙』宝樹/大森望他訳 冒頭のみ掲載。 「我々は書き続…

『ティーパーティーの謎』E・L・カニグズバーグ/金原瑞人・小島希里訳(岩波少年文庫)★★☆☆☆

『ティーパーティーの謎』E・L・カニグズバーグ/金原瑞人・小島希里訳(岩波少年文庫) 『The View from Saturday』E. L. Konigsburg,1996年。 初版が2000年なのに早くも2005年に金原瑞人による改版が出ているのが不思議だったのですが、どうやら悪訳騒…

『ネルーダ事件』ロベルト・アンプエロ/宮崎真紀訳(早川書房 ポケミス1883)★★☆☆☆

『ネルーダ事件』ロベルト・アンプエロ/宮崎真紀訳(早川書房 ポケミス1883) 『El caso Neruda』Roberto Ampuero,2008年。 私立探偵カジェタノ・シリーズの第6作にして代表作。カジェタノ最初の事件です。依頼人はノーベル文学賞も受賞したチリの国民的…

『一週間のしごと』永嶋恵美(創元推理文庫)★☆☆☆☆

『一週間のしごと』永嶋恵美(創元推理文庫) 『НЕДЕЛЬКА』永嶋恵美,2005年。 扉の題名がロシア語なのは、恐らくロシア民謡「一週間」(テュリャテュリャテュリャテュリャリャ♪)にちなみます。 あらすじから想像するような青春サスペンスではありませんで…

『幻想と怪奇』9【ミステリーゾーンへの扉 「奇妙な物語」の黄金時代】

『幻想と怪奇』9【ミステリーゾーンへの扉 「奇妙な物語」の黄金時代】「A Map of Nowhere 08:「歩いていける距離」のホームウッド」藤原ヨウコウ「ファンタスティック・マガジン 1940s〜1960s」 「ブレンダ」マーガレット・セント・クレア/森沢くみ子訳(B…

『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』澤西祐典・柴田元幸編訳(岩波書店)★★★★☆

『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』澤西祐典・柴田元幸編訳(岩波書店) 芥川が英語読本に採用した全51編のなかから、選りすぐって新訳した作品集。 「I The Modern Series of English Literatureより」「身勝手な巨人」オスカー・ワイルド/畔柳和代訳(The…

『プラヴィエクとそのほかの時代』オルガ・トカルチュク/小椋彩訳(松籟社 東欧の想像力16)★★★★☆

『プラヴィエクとそのほかの時代』オルガ・トカルチュク/小椋彩訳(松籟社 東欧の想像力16) 『Prawiek i inne ezasy』Olga Tokarczuk,1996年。 『逃亡派』の邦訳で知られるポーランドのノーベル文学賞作家の出世作。 プラヴィエクというポーランドの架空…

『ミステリマガジン』2022年5月号No.752【カムバック、古畑任三郎】

『ミステリマガジン』2022年5月号No.752【カムバック、古畑任三郎】「古畑任三郎とミステリ」三谷幸喜×石原隆 脚本家と企画プロデューサーによる対談です。「毎回新しいセットを建てるのは無理だろう」という、予算面からの困難さというのは視聴者にはなかな…

『ガラスの麒麟』加納朋子(講談社文庫)★☆☆☆☆

『ガラスの麒麟』加納朋子(講談社文庫) 悪意や死や心の傷が扱われているにもかかわらず、深くは掘り下げられず、善意で安易にごまかしていると感じました。著者の作品のなかではわりと初期に当たる作品で、新境地に挑んだものの扱いきれずにそれまでの作風…

『諸国物語』(上)森鴎外訳(ちくま文庫)★★★☆☆

『諸国物語』(上)森鴎外訳(ちくま文庫) 森鴎外訳による世界各国のアンソロジー。 「尼」ヴィーズ("Kyddet",Gustav Wied,1890)★★★☆☆ ――ブレドガアデからの帰道。兄とおれである。歩いていると、尼が二人向うから来た。年上の方は太っていて、若い方は…

『悪魔とベン・フランクリン』シオドア・マシスン/永井淳訳(早川書房 ポケミス720)★☆☆☆☆

『悪魔とベン・フランクリン』シオドア・マシスン/永井淳訳(早川書房 ポケミス720) 『The Devil and Ben Franklin』Theodore Mathieson,1961年。 歴史上の人物が探偵役を務める短篇集『名探偵群像』の著者による、やはり歴史上の人物が探偵役を務める長…

『書架の探偵』ジーン・ウルフ/酒井昭伸訳(早川書房 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ5033)★★★★☆

SF

『書架の探偵』ジーン・ウルフ/酒井昭伸訳(早川書房 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ5033) 『A Borrowed Man』Gene Wolfe,2015年。 難解な作風で知られる著者のこと、覚悟して読み始めたのですが、ジーン・ウルフにしてはかなりわかりやすいエンターテイン…

『いまさら翼といわれても』米澤穂信(角川文庫)★★★★★

『いまさら翼といわれても』米澤穂信(角川文庫) 『Last seen bearing』2016年。 「箱の中の欠落」(2016)★★★☆☆ ――生徒会長選挙で投票用紙が生徒数より四十枚多かった。投票箱を運んだ一年生が選挙管理委員長から理不尽に疑われ叱責されているのを見て、里…

『未來のイヴ』ヴィリエ・ド・リラダン/齋藤磯雄訳(創元ライブラリ)★★★★☆

『未來のイヴ』ヴィリエ・ド・リラダン/齋藤磯雄訳(創元ライブラリ) 『L'Ève future』Villiers de l'Isle-Adam,1886年。 アンドロイドという言葉を初めて用いた小説とされていますが、そこはヴィリエ・ド・リラダンのこと、退廃的で耽美で観念的な内容が…

『ライト』M・ジョン・ハリスン/小野田和子訳(国書刊行会)★★☆☆☆

SF

『ライト』M・ジョン・ハリスン/小野田和子訳(国書刊行会) 『Light』M. John Harrison,2002年。 ナイトランド・クォータリーに掲載されていたヴィリコニウムものの短篇はヒロイック・ファンタジーでしたが、本書はいかにもという感じのポストモダン。シ…

『アンの青春』モンゴメリ/松本侑子訳(文春文庫)★★★★☆

『アンの青春』モンゴメリ/松本侑子訳(文春文庫) 『Anne of Avonlea』L. M. Montgomery,1909年。 『赤毛のアン』の続編、完訳&訳註版です。 教師になったとはいっても、アンがまだ16歳と半分だということに驚きです。現代の感覚ではまだまだ子どもとい…

『鏡は横にひび割れて』アガサ・クリスティー/橋本福夫訳(ハヤカワ・クリスティー文庫)★★★★★

『鏡は横にひび割れて』アガサ・クリスティー/橋本福夫訳(ハヤカワ・クリスティー文庫) 『The Mirror Crack'd from Side to Side』Agatha Christie,1962年。 タイトルはテニスン「シャロットの姫君」より。作中の女優が衝撃を受けたときの表情を形容した…

『S-Fマガジン』2022年4月号No.750【特集 BLとSF】

『S-Fマガジン』2022年4月号No.750【特集 BLとSF】 そりゃ百合特集があれば次はBL特集があっても不思議はありません。ただし百合と違ってBLについての定義や説明は一切ありません。歴史や認知度の違いかなあ。まあ「女性同士の関係性」という気持…

『月曜日の水玉模様』加納朋子(集英社文庫)★★☆☆☆

『月曜日の水玉模様』加納朋子(集英社文庫)「月曜日の水玉模様」(1995)★★☆☆☆ ――いつも電車で見かける青年は、スーツとネクタイを決まったサイクルで組み合わせていた。以前までは早い駅で降りていた青年が同じ駅で降りるようになり、会社の近くでも見か…

『日時計』クリストファー・ランドン/丸谷才一訳(創元推理文庫)★★★☆☆

『日時計』クリストファー・ランドン/丸谷才一訳(創元推理文庫) 『The Shadow of Time』Christopher Landon,1957年。 誘拐犯から送られてきた被害者の写真に写っている影から居所を突き止めるというあらすじだけは知っていたのですが、実際に読んでみる…

『陽気なギャングは三つ数えろ』伊坂幸太郎(祥伝社文庫)★★★★☆

『陽気なギャングは三つ数えろ』伊坂幸太郎(祥伝社文庫) 『A cheerful gang Count three.』2015年。 陽気なギャングシリーズの第三作です。 シリーズを読むのは始めてですがまったく問題はありませんでした。それぞれ得意な能力を持つ四人のアウトローとい…

『虚構推理 スリーピング・マーダー』城平京(講談社タイガ)★★★★☆

『虚構推理 スリーピング・マーダー』城平京(講談社タイガ) 『Invented inference Sleeping Murder』2019年。 高校生のころの岩永琴子がミステリ研究会に勧誘されるという「岩永琴子は高校生だった」、六花を追って自殺者の続くアパートを訪れる「六花ふた…

『紙魚の手帖』vol.03【特集 祝・完結!『短編ミステリの二百年』振り返り】

『紙魚の手帖』vol.03【特集 祝・完結!『短編ミステリの二百年』振り返り】「対談 小森収×杉江松恋」 ハメットはS・S・ヴァン・ダインの同時代人で、仮想敵にしていたのは謎解きミステリではないとか、ウィリアムズ「バードウォッチング」←ロイ・ヴィガー…


防犯カメラ