『SFショートストーリー傑作セレクション 異次元篇 次元を駆ける恋/潮の匂い』日下三蔵編/谷川千佳絵(汐文社)★★★☆☆

「次元を駆ける恋」平井和正(1965)★★★☆☆ ――トラックに轢かれて死んだ絢子のことが忘れられなくて、多元宇宙で生きている絢子のなかから絢子を選ぶべく、ぼくは次元転移した。だがたとえその次元の絢子を救ったとしても、そこにはその次元のぼくがいるのだ…

『SFショートストーリー傑作セレクション ロボット篇 幽霊ロボット/ヴォミーサ』日下三蔵編/旭ハジメ絵(汐文社)★★☆☆☆

収録作家5人中、4人が『時間篇』と重複しています。この4人は続く『異次元篇』『未来篇』でも重複していて、アンソロジーとしてはお得感がまったくありません。権利の関係でほかの作家を収録できなかったのか、黎明~黄金期にかけての日本SFはほかに収…

『SFショートストーリー傑作セレクション 時間篇 人の心はタイムマシン/時の渦』日下三蔵編/456絵(汐文社)★★☆☆☆

東雅夫編〈文豪ノ怪談ジュニア・セレクション〉の汐文社から、日下三蔵編によるSFセレクションが刊行されています。日本SF黎明~黄金期の作品はほぼ読んだことがないし、こういう機会がなければ読む気もなかったので良い機会でした。 「御先祖様万歳」小…

『チェコSF短編小説集』ヤロスラフ・オオルシャ・jr.編/平野清美編訳(平凡社ライブラリー)★★☆☆☆

『チェコSF短編小説集』ヤロスラフ・オオルシャ・jr.編/平野清美編訳(平凡社ライブラリー) 英米以外のSFの翻訳は少ないうえに、訳されたものの多くはSFというよりも幻想小説や風刺小説だったりするのですが、懸念は的中し、本書収録作も前半はそん…

『〔少女庭国〕』矢部崇(ハヤカワ文庫JA)★☆☆☆☆

SF

『〔少女庭国〕』矢部崇(ハヤカワ文庫JA) 2014年初刊。 中カッコでくくられた意味深なタイトル。 一ページ目をめくれば、予想外に古風な文体にフランクな表現と著者独自の言い回しが混ざった、癖のある奇妙な文章が飛び込んで来ます。 あらすじにもある、…

『三体』劉慈欣《リウ・ツーシン》/大森望、光吉さくら、ワン・チャイ訳/立原透耶監修(早川書房)★★★★★

SF

『三体』劉慈欣《リウ・ツーシン》/大森望、光吉さくら、ワン・チャイ訳/立原透耶監修(早川書房) 『三体』刘慈欣,2008年。 ポケミス『折りたたみ北京』に収録されていた「円」がとてつもなく面白かったため、親本の本書も購入。抜粋を改作したとありま…

『地球最後の男』リチャード・マシスン/田中小実昌訳(ハヤカワ文庫NV)★★★★☆

『地球最後の男』リチャード・マシスン/田中小実昌訳(ハヤカワ文庫NV) 『I Am Legend』Richard Matheson,1954年。 自分以外の全人類が吸血鬼と化してしまった世界で、絶望と戦いに明け暮れる男の日々を描いた古典的名作です。今は数年前の映画化に合わせ…

『ランドスケープと夏の定理』高島雄哉(東京創元社 創元日本SF叢書)

SF

第5回創元SF短編賞受賞の表題作を含む三篇収録。シリーズもの、というよりは三篇揃って一つの作品と言った方がよいかもしれません。 「ランドスケープと夏の定理」(2014)★★★★☆ ――太陽から地球方向に延ばした直線の延長上にあるL2まで、今は十時間で行…

『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー』ケン・リュウ編/中原尚哉他訳(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)★★★★☆

『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー』ケン・リュウ編/中原尚哉他訳(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) ケン・リュウが英訳して編んだ作品集の重訳なので、訳文は読みやすい。編者が序文で、政治的な読み方のような欧米視点の上から目線の読み方はやめ…

『猫は宇宙で丸くなる 猫SF傑作選』中村融編(竹書房文庫)★★★☆☆

類書との重複を避けて選んだ猫SF&ファンタジー傑作選。さすがにもう過去の作品を編んだものは落穂拾いなのかも……という感想です。 「地上編」「パフ」ジェフリー・D・コイストラ/山岸真訳(Puff,Jeffery D. Kooistra,1993)★★★☆☆ ――五歳になる娘のヘ…

『カルパチアの城 ヴィルヘルム・シュトーリッツの秘密 ジュール・ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクションV』ジュール・ヴェルヌ/新島進訳(インスクリプト)★★★☆☆

SF

驚異の旅コレクション第三回配本は、新訳版『カルパチアの城』と初訳の『ヴィルヘルム・シュトーリッツの秘密』のカップリングです。 『ヴィルヘルム・シュトーリッツの秘密』は現在、死後初めに刊行されたミシェル改作版とジュール・オリジナル版がいずれも…

『スペース・オペラ ジャック・ヴァンス・トレジャリー』ジャック・ヴァンス/浅倉久志・白石朗訳(国書刊行会)★★★☆☆

SF

『スペース・オペラ』白石朗訳(Space Opera,Jack Vance,1965)★★★☆☆ ――未知の惑星ルラールから来た〈第九歌劇団〉は素晴らしい演目を披露したあと、忽然と姿を消した……オペラの後援者デイム・イサベル・グレイスはその失踪の謎を解決するため、地球の歌劇…

『名を捨てた家族 1837-38年ケベックの叛乱』ジュール・ヴェルヌ/大矢タカヤス(彩流社)★★★★☆

『Famille-Sans-Nom』Jules Verne,1889年。 ここ数年つづいているヴェルヌの新訳・初訳・復刊もののなかでは段違いに面白い作品でした。明治時代に森田思軒『無名氏』という抄訳がありますが、恐らく完訳は初めてだと思います。 副題にあるとおり、カナダの…

『スタートボタンを押してください ゲームSF傑作選』D・H・ウィルソン&J・J・アダムズ編(創元SF文庫)★★★☆☆

『Press Start to Play』Ed. by Daniel H. Wilson and John Joseph Adams,2015。 原書収録の26編から12編を厳選したもの。 「リスポーン」桜坂洋(2015)★★★★☆ ――おれが牛丼屋でバイトをしていると、強盗が現れた。大男の客が正義感を起こした。怯えた強盗…

『奇想天外 21世紀版 アンソロジー』山口雅也編著(南雲堂)★★☆☆☆

自分好みの雑誌を作りあげるのは編者の特権ですが、自分語りが頻繁に顔を出すのは勘弁してほしかったところです。 「21世紀版奇想天外小説傑作選[海外篇]」「最上階に潜むもの」アーサー・モリスン/宮脇孝雄訳(The Thing in the Upper Room,Arthur Morr…

『ジャック・グラス伝 宇宙的殺人者』アダム・ロバーツ/内田昌之訳(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)★★★★☆

『Jack Glass』Adam Roberts,2012年。 人類は宇宙へと生活の場を広げ、ウラノフ一族が支配する新しい体制下で――天下に並ぶ者なき殺人者ジャック・グラスに関わる三つの事件が描かれます。 「第一部 箱の中」(In the Box)★★★★★ ――七人の囚人が小惑星に送ら…

『奇想天外 復刻版 アンソロジー』山口雅也編著(南雲堂)★★☆☆☆

四期にわたる雑誌『奇想天外』掲載作を抽出し、当時の体裁でまとめたアンソロジー。小説・エッセイともに、B級もしくは歴史的意味のものが大半を占めていて、いま読んで面白いものではありませんでした。。 「『奇想天外』=「謎解きが好き」 「大人になれ…

『蒸気で動く家 〈驚異の旅〉コレクションIV』ジュール・ヴェルヌ/荒畑邦博・三枝大修訳(インスクリプト)★★☆☆☆

SF

『La Maison à vapeur. Voyage à travers l'Inde septentrionale』Jules Verne,1880年。 シパーヒーの反乱(セポイの乱)の指導者だったドゥンドー・パント(ナーナー・サーヒブ)がボンベイに現れたという情報がもたらされた。だがナーナーに妻を殺された…

『J・G・バラード短編全集2 歌う彫刻』柳下毅一郎監修(東京創元社)★★★★☆

『The Complete Short Stories: J. G. Ballard』 「重荷を負いすぎた男」増田まもる訳(The Overloaded Man,1961)★★★★☆ ――フォークナーはゆっくりと狂いかけていた。妻にはまだ言っていないが、ビジネススクールの講師を二か月前に辞めていた。妻のキスは…

『翼のジェニー ウィルヘルム初期傑作選』ケイト・ウィルヘルム/伊東麻紀他訳(アトリエサード/書苑新社)★★☆☆☆

SF

河出文庫の『20世紀SF』に「やっぱりきみは最高だ」が収録されていたケイト・ウィルヘルムの短篇+中篇集ですが、今となってはだいぶ古びてしまっているのは否めません。 「翼のジェニー」佐藤正明訳(Jenny with Wings,Kate Wilhelm,1963)★☆☆☆☆ ――翼が…

『J・G・バラード短編全集1 時の声』柳下毅一郎監修(東京創元社)★★★★☆

アメリカで刊行された短篇全集の邦訳版らしいです。「プリマ・ベラドンナ」「時間都市」「スターズのアトリエ5号」は創元SF文庫『時間都市』(→感想)の宇野利泰訳で読んでいました。 「序文」J・G・バラード「序文」マーティン・エイミス「プリマ・ベ…

『サマー/タイム/トラベラー 1・2』新城カズマ(ハヤカワ文庫JA)★★★☆☆

SF

時間SF(?)長篇。 誰よりも(屁)理屈屋の登場人物がいみじくも「世の中に出回っているSFなんて、大半が工学技術の話」と不満を口にしていることからもわかるように、この作品のタイムトラベルは、(登場人物たちによる独自の理論はあるにせよ、そして…

『海を失った男』シオドア・スタージョン/若島正編(河出文庫)★★★★☆

晶文社ミステリ『海を失った男』の文庫化。訳文が手直しされているほか、「ミュージック」の邦題が「音楽」に変更されています。 「音楽」吉村満美子訳(The Music,1953)★★★★☆ ――病院……あいつらは僕を放してくれない。表へ出て煙草を吸うことはできた。夜…

『完全な真空』スタニスワフ・レム/沼野充義・工藤幸雄・長谷見一雄訳(国書刊行会)★★★★☆

レム作品のなかでもかなり有名な、架空の書物の書評集です。 まずはヤラレタ!と思ったのが、序文自体がすでに書評という体裁になっていることでした。本書『完全な真空』の序文が、レムの書いた書籍『完全な真空』についての書評になっているのです。ここま…

『カルパチアの城』ジュール・ヴェルヌ/安東次男訳(集英社文庫)★★★☆☆

SF

『Le Château des Carpathes』Jules Verne,1892年。 ヴェルヌ作品のなかでもかなり異色の作品です。 誰も住んでいないはずの城から煙が立ちのぼっていたことから、勇敢な林務官ニック・デックと臆病なパタク医師が確認しに行こうとした直後、「城には行くな…

『黒いダイヤモンド』ジュール・ヴェルヌ/新庄嘉章訳(文遊社)★★★☆☆

SF

『Les Indes noires』Jules Verne,1877年。 かつて〈黒いインド〉と呼ばれ炭坑町として栄えた、スコットランド地方。そんな炭鉱町のひとつアーバーフォイルでは十年前に石炭を掘り尽くし、今では廃坑となっていた。ところが技師のジェームズ・スターの許に…

『二年間のバカンス』ジュール・ヴェルヌ/横塚光雄訳(集英社文庫)★★☆☆☆

SF

『Deux ans de vacances』Jules Verne,1888年。 従来『十五少年漂流記』の邦題でお馴染みの、ヴェルヌ代表作の一つです。 ページを開くと、嵐のなか漂流している少年たちが必死で船の操縦を試みているところからスタートします。そして次々と(文字通り)顔…

『チャンセラー号の筏』ジュール・ヴェルヌ/榊原晃三訳(集英社文庫)★★★★★

SF

『Le Chansellor』Jules Verne,1875年。 ジュール・ヴェルヌ作品の面白さは誰もが認めるところですが、物語が佳境に入るまでが停滞しているというのも、ときに指摘される欠点でした。 その欠点を見事にクリアしているのが本書です。 8人の乗客と14人の乗組…

『気球に乗って五週間』ジュール・ヴェルヌ/手塚伸一訳(集英社文庫)★★★☆☆

SF

『Cinq semaines en ballon: voyage de découvertes en afrique par trois anglais』Jules Verne,1863年。 記念すべき驚異の旅シリーズ第一作です。 果敢な冒険に沸き立つ人々と、無謀だと反対する友人。冒頭からすでに後年のヴェルヌらしさが見られます。 …

『アドリア海の復讐』(上・下)ジュール・ヴェルヌ/金子博訳(集英社文庫)★★★☆☆

SF

『Mathias Sandorf』Jules Verne,1885年。 冒頭でデュマ・フィスに(というよりもその父親に?)捧げられており、デュマ・フィス自身も父親の『モンテ・クリスト伯』の名前を出してそれに答えています。デュマの『モンテ・クリスト伯』はめっぽう面白い作品…


防犯カメラ