『魔術師』佐々木俊介(2016)★★★☆☆

『魔術師』佐々木俊介(2016) 著者Webページ(→https://s-mystery.net/club/ 旧http://vanish2018.jp/)で公開されていたものです。 鮎川哲也賞佳作となったスリーピング・マーダーものの青春ミステリ『繭の夏』の著者による、ゴシックミステリです。 一代…

『今昔百鬼拾遺 天狗』京極夏彦(新潮文庫)★★☆☆☆

『今昔百鬼拾遺 天狗』京極夏彦(新潮文庫) 中禅寺敦子と呉美由紀の登場する今昔百鬼拾遺シリーズ第三弾。本書には「鳴釜」のお嬢様・篠村美弥子が登場します。 「天狗になる」にちなんで「高慢」がらみの台詞が各章を彩っていました。 山で陥穽に落ちて遭…

『今昔百鬼拾遺 河童』京極夏彦(角川文庫)★★★☆☆

『今昔百鬼拾遺 河童』京極夏彦(角川文庫) 初出媒体が『幽』『怪』だったためか、冒頭から女学生による河童談義が始まります。多々良先生も登場して、全篇にわたって久しぶりの妖怪蘊蓄が披露されていました。とは言っても掘り下げられたものではなく、河…

『今昔百鬼拾遺 鬼』京極夏彦(講談社タイガ)★★★☆☆

『今昔百鬼拾遺 鬼』京極夏彦(講談社タイガ)★★★☆☆ 2018年のweb連載を書籍化したもの。2019年初刊。 長篇では『邪魅の雫』以来の百鬼夜行シリーズ新作になります。とはいうものの京極堂は登場せず、主人公は京極堂の妹・敦子と『絡新婦の理』の呉美由紀が務…

『毒薬の輪舞』泡坂妻夫(河出文庫)★★★☆☆

『毒薬の輪舞』泡坂妻夫(河出文庫) 1990年初刊。 小湊刑事が患者として精神病院を訪れるという衝撃的な幕開けで始まりますが、そこはもちろん潜入捜査(?)であることはすぐにわかります。 まったく開けられていない清涼飲料水の缶のなかに異物を入れるこ…

『血の季節』小泉喜美子(宝島社文庫)★★★★☆

『血の季節』小泉喜美子(宝島社文庫) 1982年初刊作品の復刊です。 小泉喜美子が1934(昭和9)年生まれということにびっくり。戦前生まれだったとは。 殺人犯が女の子に興味を持つようになったきっかけを精神科医に語った幼少期から青年期にかけてのパート…

『死者の輪舞』泡坂妻夫(河出文庫)★★★☆☆

『死者の輪舞』泡坂妻夫(河出文庫) 初刊1985年。 カバー型帯が付いていて、イメージキャラクターがなぜか遠藤憲一。でも海方は海亀のような見た目なので、爬虫類顔は実はぴったりかも。 カバー写真がドミノになっていてタイトルが「輪舞」ということからも…

『ホームズ、ニッポンへ行く ホームズ万国博覧会インド篇』ヴァスデーヴ・ムルティ(アキラ・ヤマシタ)/寺井杏里訳(国書刊行会)★★☆☆☆

『ホームズ、ニッポンへ行く ホームズ万国博覧会インド篇』ヴァスデーヴ・ムルティ(アキラ・ヤマシタ)/寺井杏里訳(国書刊行会) 『Sherlock Holmes in Japan』Vasudev Murthy,2013年。 この〈ホームズ万国博覧会〉シリーズには、ほかに中国篇とロシア篇…

『妖盗S79号』泡坂妻夫(河出文庫)★★★★★

『妖盗S79号』泡坂妻夫(河出文庫)「第一話 ルビーは火」(1979)★★★★★ ――会社が倒産して無職になった松本は、海水浴場の監視員のアルバイトをすることになった。そのうち常連に気づいた。まずは学生の四人連れだ。それからオープンシャツを着た初老の二人…

『リボルバー・リリー』長浦京(講談社文庫)★★★★☆

『リボルバー・リリー』長浦京(講談社文庫) 2016年刊行。 大正時代の日本を舞台に、幣原機関でスパイとして育てられた女性が陸軍横領犯の息子を守るために、陸軍とヤクザと幣原の後輩を相手にひたすら格闘と銃撃戦を繰り広げる物語です。 文庫にして640ペ…

『教場』長岡弘樹(小学館文庫)★★★★★

『教場』長岡弘樹(小学館文庫) 2013年親本初刊。 どういう経緯で読もうと思ったのか忘れてしまいました。『ミステリマガジン』で紹介されていたのだったっけな? 警察学校を舞台にした作品ですが、思っていたのとは違っていました。一つには長篇ではなく連…

『アガサ・クリスティー完全攻略[決定版]』霜月蒼(ハヤカワ・クリスティー文庫)★★★★★

『アガサ・クリスティー完全攻略[決定版]』霜月蒼(ハヤカワ・クリスティー文庫) 翻訳ミステリー大賞シンジケートで連載されていたものの書籍化の増補文庫版。クリスティー全作書評。本格プロパーではないからこその、曇りのない純粋な読み方が小気味よい…

『完全殺人事件』クリストファ・ブッシュ/中村能三訳(創元推理文庫)★★☆☆☆

『完全殺人事件』クリストファ・ブッシュ/中村能三訳(創元推理文庫) 『The Perfect Murder Case』Christopher Bush,1929年。 喜国雅彦『本格力』で「トリックのおかげで、読後感の深みが増したわけで」「その深み、島田荘司氏の作品を読んだときに感じる…

『本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド』喜国雅彦・国樹由香(講談社)★★★★☆

『本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド』喜国雅彦・国樹由香(講談社) 2007年から2016年まで『メフィスト』に連載されていた古典ミステリのガイド本。現代の若者が読んで面白い作品という視点で博士と高校生りっちゃんがやりとりする「H-1グランプリ…

『屋上』島田荘司(講談社文庫)★★★★☆

『屋上』島田荘司(講談社文庫) 『屋上の道化たち』(2016)の改題文庫化です。 U銀行の屋上には、作者をはじめ関係者が次々と怪死しているという曰くつきの盆栽が並べられていました。ある日、行員の岩木俊子が盆栽に水をやりに屋上に行って転落死します…

『仮面幻戯』佐々木俊介(東京創元社Webミステリーズ!)★★★☆☆

『仮面幻戯』佐々木俊介(東京創元社Webミステリーズ!) 回想の殺人ものの青春ミステリ『繭の夏』の著者によるWeb連載です。2010年にWebミステリーズ!(→→)で連載され、現在のところ書籍化はされていません。長篇ではなく、工芸家・藤江恭一郎が作った仮…

『還りの会で言ってやる』八重野統摩(メディアワークス文庫)★★★★☆

『還りの会で言ってやる』八重野統摩(メディアワークス文庫) ミステリ・フロンティアから刊行されている『ペンギンは空を見上げる』が面白かったので、デビュー作である本書も読んでみました。2012年刊行。 タイトルからてっきり小学生の話だと思っていた…

『ゴーグル男の怪』島田荘司(新潮文庫)★★★★☆

『ゴーグル男の怪』島田荘司(新潮文庫) 解説にもあらすじにも一切書かれてはいませんが、2011年のNHKドラマ『探偵Xからの挑戦状!』の同名原作をもとに加筆して長篇化したものです。 ドラマ原作集に収録されていた短篇の方は、何が何でも奇想を見せちゃる…

『キャッツ・アイ』R・オースティン・フリーマン/渕上痩平訳(ちくま文庫)★★☆☆☆

『キャッツ・アイ』R・オースティン・フリーマン/渕上痩平訳(ちくま文庫) 『The Cat's Eye』R. Austin Freeman,1923年。 語り手アンスティが偶然遭遇した銃殺事件。盗まれていたのは価値のない宝石だけ。犯人は指紋を残しており逮捕は容易かと思われた…

『あやかしの裏通り』ポール・アルテ/平岡敦訳(行舟出版)★☆☆☆☆

『あやかしの裏通り』ポール・アルテ/平岡敦訳(行舟出版) 『La Ruelle fantôme』Paul Halter,2005年。 日本では初となるオーウェン・バーンズものの翻訳です。 舞台は1902年のロンドン。ホームズ引退間近の時代ですね。 いかがわしい路地に迷い込んで殺…

『だから殺せなかった』一本木透(東京創元社)★★★★☆

『だから殺せなかった』一本木透(東京創元社) 各種ベストテンにランクインした「『屍人荘の殺人』と栄冠を争った第27回鮎川哲也賞優秀賞受賞作」。 「おれは首都圏連続殺人事件の真犯人だ」大手新聞社の社会部記者に宛てて届いた一通の手紙。そこには、首…

『みんなの少年探偵団2』有栖川有栖他(ポプラ文庫)★★★☆☆

『みんなの少年探偵団2』有栖川有栖他(ポプラ文庫)「未来人F」有栖川有栖(2016)★★☆☆☆ ――明智先生がアメリカに行っている間に、せっかく捕まえていた二十面相にだつごくされてしまいました。数日後、「未来人F」をなのる男がラジオにしゅつえんし、国…

『贖罪』湊かなえ(東京創元社)★★★★☆

十五年前に起こった殺人事件。 沙英・真紀・晶子・由佳が小学四年生のときです。空気のきれいな田舎町に機械工場ができて余所からたくさんの人が引っ越してきました。そうして工場の責任者の娘エミリが四人に加わり五人で遊ぶようになります。五人が夏休みの…

『猫が足りない』沢村凜(双葉文庫)★★★★☆

印象的なタイトルです。 どんな意味かと読み進めてゆくと、わかりやすく言えば「猫成分が足りない」――猫が好きすぎてほとんどサイコパスな主人公の心情を指す言葉でした。主人公がサイコパス気味なのも当然、解説を読むともともとの出発点が「ピカレスクを」…

『連城三紀彦レジェンド2 傑作ミステリー集』綾辻行人・伊坂幸太郎・小野不由美・米澤穂信編(講談社文庫)★★★★☆

四人の選者による連城ミステリ傑作選第二集。巻末対談には米澤も参加して鼎談に。 「ぼくを見つけて」(1989)★★★★☆ ――「はい、一一〇番です」「ぼく、ユーカイされてるみたいです。ハンニンがいないので電話しました。たすけてください」イシグロケンイチと…

『九人と死で十人だ』カーター・ディクスン/駒月雅子訳(創元推理文庫)★★★★☆

『Nine --and the Death Makes Ten』Carter Dickson,1940年。 船上という限定された状況のなかで起こった殺人事件の、真相も実にシンプルで、一つの謎が明らかになると途端にほぼすべての謎が氷解するのが爽快です。シンプルな謎解きがうまく決まった中期の…

『探偵は教室にいない』川澄浩平(東京創元社)★★★★☆

第28回鮎川哲也賞受賞作。久しぶりに日常の謎らしい日常の謎です。あまりに日常的な疑問すぎて一見すると推理のとっかかりもなさそうなのに、些細な手がかりから明快な真相が導き出されるのは、見事としか言いようがありません。 登場人物は随分と大人びてい…

『シャーロック・ホームズの栄冠』北原尚彦編訳(創元推理文庫)★★★☆☆

「第I部 王道篇」「一等車の秘密」ロナルド・A・ノックス(The Adventure of the First-Class Carriage,Ronald A. Knox,1947)★★★★☆ ――リューマチで仕事を辞めたヘネシー夫妻は、田舎屋敷の番小屋に住み込み、スウィシンバンク夫妻の世話をすることにな…

『福家警部補の再訪』大倉崇裕(創元推理文庫)★★★☆☆

福家警部補シリーズ第二集。第一話の切れ味が一番よかったため、やや尻すぼみな印象でした。「倒叙ミステリ」についての解説者の考察が腑に落ちます。 「マックス号事件」(2006)★★★☆☆ ――豪華客船マックス号の船室内で、原田はかつて恐喝の相棒だった直巳を…

『鳥居の密室 世界にただ一人のサンタクロース』島田荘司(新潮社)★☆☆☆☆

京大時代の御手洗が登場する進々堂シリーズの長篇です。 数ある御手洗もの長篇のなかでもぶっちぎりの失敗作でした。 ぼくという語り手が透明すぎて存在感がなく、地の文でも心情をほとんど発することがないため、小説といよりも御手洗の台詞だけが書かれた…


防犯カメラ