『罪と祈り』貫井徳郎(実業之日本社)★★★★☆

2017~2019年連載。2019年刊行。 元警官の濱仲辰司が溺死体で発見され、頭には殴られた痕があった。事件を担当するのは、実の父親の死後、辰司が父親同然に世話し、辰司に憧れて刑事になった芦原賢剛だった。正義漢が強く、絵に描いたような下町のお巡りさん…

『遠まわりする雛』米澤穂信(角川文庫)★★★☆☆

『Little birds can remember』2007年。 古典部シリーズ第四作は初の短篇集。すべて奉太郎の一人称に戻っています。英題はクリスティ『象は忘れない』のもじりですね。 「やるべきことなら手短に」(2007)★★★☆☆ ――里志からひとりでに鳴るピアノの怪「神山高…

『屍人荘の殺人』今村昌弘(創元推理文庫)★★★★☆

『Murders at the House of Death』2017年。 各種ベスト10で四冠を達成したという、驚異のデビュー作です。第27回鮎川哲也賞受賞。 まずは映画研究部の合宿に届けられた脅迫状という、古式ゆかしい舞台が用意されていました。語り手・葉村の先輩である明智…

『よろず屋お市 深川事件帖』誉田龍一(ハヤカワ時代ミステリ文庫)★★★☆☆

2019年9月に新創刊されたハヤカワ時代ミステリ文庫の第一弾。 ミステリマガジン2019年11月号の著者インタビューで、『女には向かない職業』を偏愛する著者が「江戸のコーデリア・グレイ」に挑んだというので読んでみました。 両親を殺された8歳の少女が飼い…

『時空旅行者の砂時計』方丈貴恵(東京創元社)★★★☆☆

第29回鮎川哲也賞受賞作。 カバー装画とタイトルだけ見ると、おタンビーでロマンチックなファンタジーのようですが、惹句には「タイムトラベル×本格ミステリ」とあるうえに、略歴によれば京大ミステリ研出身ということで、意外と本格派でした。 自分が死ぬの…

『紫蘭の花咲く頃』佐々木俊介(佐々木ミステリ部,2017)★★★★☆

鮎川賞候補『繭の夏』でデビューした佐々木俊介氏が著者ホームページで公開している作品です。『繭の夏』『模像殺人事件』『仮面幻戯』『魔術師』に続く第五作目に当たります。『魔術師・模像殺人事件』は先ごろ文庫化されたばかりです。 あまりにも人工物め…

『虹のような黒』連城三紀彦(幻戯書房)★★★★☆

2002年から2003年に雑誌連載されたまま単行本化されていなかった長篇作品が、連載時の著者の挿絵入りで刊行されたものです。帯に“最後の未刊長篇”とあるように、これですべての長篇は単行本化されたことになります。 商業誌に連載されていた以上は未定稿とい…

『クドリャフカの順番』米澤穂信(角川文庫)★★★☆☆

『Welcome to KANYA FESTA!』2005年。 ついに部誌の文集『氷菓』が完成し、初期三部作も文化祭とともに幕を閉じました。 古典部員は「カンヤ祭」の名称を使わないことにしているはずですが、英題が「KANYA FESTA」となっているところからすると、『氷菓』販…

『愚者のエンドロール』米澤穂信(角川文庫)★★★★☆

『Why didn't she ask EBA?』2002年。 古典部シリーズ第二作。 二年F組が文化祭の演し物で作ることになったミステリー映画は、脚本家の本郷真由が急病になってしまい結末が不明のまま。そこで白羽の矢を立てられたのが、映画プロジェクトの代表者・入須冬美…

『氷菓』米澤穂信(角川文庫)★★★★☆

『氷菓』米澤穂信(角川文庫) 『You can't escape』2001年。 古典部シリーズをまとめて読もうと思ったものの、設定を忘れていたので第一作を読み直しました。 現在は英題が『The niece of time』に変更されているそうです。「時の娘」ならぬ「時の姪」、真…

『月が昇るとき』グラディス・ミッチェル/好野理恵訳(晶文社ミステリ)★★☆☆☆

『月が昇るとき』グラディス・ミッチェル/好野理恵訳(晶文社ミステリ) 『The Rising of the Moon』Gladys Mitchell,1945年。 サイモンとキースの兄弟が町に来たサーカスを楽しみにしていたとき、サーカスの女芸人がメッタ刺しにして殺されるという事件が…

『夏、19歳の肖像 新装版』島田荘司(文春文庫)★★☆☆☆

『夏、19歳の肖像 新装版』島田荘司(文春文庫) 昭和! 青春の甘酸っぱさよりも、昭和のおっさん臭さを感じてしまいました。実際、三十代の男が十五年前を回想しているという設定なので、おっさん臭いのも仕方ありません。 入院中に窓の外の家を覗き見ると…

『世界ショートショート傑作選1』各務三郎編(講談社文庫)★★★★☆

『世界ショートショート傑作選1』各務三郎編(講談社文庫) 1978年初刊。 「クライム&ミステリー」「走れ、ウィリー」ヘンリー・スレッサー/矢野浩三郎訳(Run, Willie Run,Henry Slesar,1959)★★★★★ ――ウィリーは監房の寝床に腰かけて、足を前後に動か…

『緋の堕胎 ミステリ短篇傑作選』戸川昌子/日下三蔵編(ちくま文庫)★★★☆☆

『緋の堕胎 ミステリ短篇傑作選』戸川昌子/日下三蔵編(ちくま文庫)★★★☆☆ 創元・中公の小泉喜美子やちくまの仁木悦子に続いて刊行された、同じ日下三蔵編による戸川昌子の傑作選です。戸川昌子は『大いなる幻影』『火の接吻』『蜃気楼の帯』を読んだことが…

『黒いアリバイ』ウィリアム・アイリッシュ/稲葉明雄訳(創元推理文庫)★★★★☆

『黒いアリバイ』ウィリアム・アイリッシュ/稲葉明雄訳(創元推理文庫) 『Black Alibi』Cornell Woolrich,1942年。 『黒衣の花嫁』『黒いカーテン』に続く〈ブラックもの〉の第三作です。 目次が被害者名になっており、『黒衣の花嫁』『喪服のランデヴー…

『幸福手配師パーカー・パイン』アガサ・クリスティ/小西宏訳(グーテンベルク21)★☆☆☆☆

『幸福手配師パーカー・パイン』アガサ・クリスティ/小西宏訳(グーテンベルク21) 『Parker Pyne Investigates』Agatha Christie,1934年。 訳者名からすると、創元推理文庫『パーカー・パインの事件簿』旧版の電子版のようです。パロディ的要素の強い前半…

『首のない女』クレイトン・ロースン/白須清美訳/山口雅也製作総指揮(腹書房 海外ミステリ叢書〈奇想天外の本棚〉)★★☆☆☆

『首のない女』クレイトン・ロースン/白須清美訳/山口雅也製作総指揮(腹書房 海外ミステリ叢書〈奇想天外の本棚〉) 『The Headless Lady』Clayton Rawson,年。 ロースンは大好きな作家で、長らく創元推理文庫版が絶版のまま復刊もされずにいたので、今…

『死体が多すぎる 修道士カドフェル2』エリス・ピーターズ/大出健訳(光文社文庫)★★☆☆☆

『死体が多すぎる 修道士カドフェル2』エリス・ピーターズ/大出健訳(光文社文庫) 『One Corpse Too Many』Ellis Peters,1979年。 喜国雅彦『本格力』で紹介されていたあらすじを読んで面白そうだと感じ、登場人物が魅力的という評価にも惹かれて読んで…

『ぬりかべ同心判じ控』倉阪鬼一郎(幻冬舎時代小説文庫)★★★☆☆

『ぬりかべ同心判じ控』倉阪鬼一郎(幻冬舎時代小説文庫) 2019年、文庫書き下ろし。 同じ幻冬舎文庫の『からくり亭の推し理』に続く、時代本格ミステリの第二弾のようです。とはいってもシリーズではなく別物ですが。 ぬりかべのようにでかくて判じ物が得意…

『からくり亭の推し理』倉阪鬼一郎(幻冬舎時代小説文庫)★☆☆☆☆

『からくり亭の推し理』倉阪鬼一郎(幻冬舎時代小説文庫) 時代小説と本格ミステリの融合だと期待していたのですが、ミステリとしては珍品もいいところでした。 「第一話 龍を探せ」 ――上総屋のあるじが龍と書かれた紙を握り締めて恐怖のあまり死んでいた。…

『魔術師』佐々木俊介(2016)★★★☆☆

『魔術師』佐々木俊介(2016) 著者Webページ(→https://s-mystery.net/club/ 旧http://vanish2018.jp/)で公開されていたものです。 鮎川哲也賞佳作となったスリーピング・マーダーものの青春ミステリ『繭の夏』の著者による、ゴシックミステリです。 一代…

『今昔百鬼拾遺 天狗』京極夏彦(新潮文庫)★★☆☆☆

『今昔百鬼拾遺 天狗』京極夏彦(新潮文庫) 中禅寺敦子と呉美由紀の登場する今昔百鬼拾遺シリーズ第三弾。本書には「鳴釜」のお嬢様・篠村美弥子が登場します。 「天狗になる」にちなんで「高慢」がらみの台詞が各章を彩っていました。 山で陥穽に落ちて遭…

『今昔百鬼拾遺 河童』京極夏彦(角川文庫)★★★☆☆

『今昔百鬼拾遺 河童』京極夏彦(角川文庫) 初出媒体が『幽』『怪』だったためか、冒頭から女学生による河童談義が始まります。多々良先生も登場して、全篇にわたって久しぶりの妖怪蘊蓄が披露されていました。とは言っても掘り下げられたものではなく、河…

『今昔百鬼拾遺 鬼』京極夏彦(講談社タイガ)★★★☆☆

『今昔百鬼拾遺 鬼』京極夏彦(講談社タイガ)★★★☆☆ 2018年のweb連載を書籍化したもの。2019年初刊。 長篇では『邪魅の雫』以来の百鬼夜行シリーズ新作になります。とはいうものの京極堂は登場せず、主人公は京極堂の妹・敦子と『絡新婦の理』の呉美由紀が務…

『毒薬の輪舞』泡坂妻夫(河出文庫)★★★☆☆

『毒薬の輪舞』泡坂妻夫(河出文庫) 1990年初刊。 小湊刑事が患者として精神病院を訪れるという衝撃的な幕開けで始まりますが、そこはもちろん潜入捜査(?)であることはすぐにわかります。 まったく開けられていない清涼飲料水の缶のなかに異物を入れるこ…

『血の季節』小泉喜美子(宝島社文庫)★★★★☆

『血の季節』小泉喜美子(宝島社文庫) 1982年初刊作品の復刊です。 小泉喜美子が1934(昭和9)年生まれということにびっくり。戦前生まれだったとは。 殺人犯が女の子に興味を持つようになったきっかけを精神科医に語った幼少期から青年期にかけてのパート…

『死者の輪舞』泡坂妻夫(河出文庫)★★★☆☆

『死者の輪舞』泡坂妻夫(河出文庫) 初刊1985年。 カバー型帯が付いていて、イメージキャラクターがなぜか遠藤憲一。でも海方は海亀のような見た目なので、爬虫類顔は実はぴったりかも。 カバー写真がドミノになっていてタイトルが「輪舞」ということからも…

『ホームズ、ニッポンへ行く ホームズ万国博覧会インド篇』ヴァスデーヴ・ムルティ(アキラ・ヤマシタ)/寺井杏里訳(国書刊行会)★★☆☆☆

『ホームズ、ニッポンへ行く ホームズ万国博覧会インド篇』ヴァスデーヴ・ムルティ(アキラ・ヤマシタ)/寺井杏里訳(国書刊行会) 『Sherlock Holmes in Japan』Vasudev Murthy,2013年。 この〈ホームズ万国博覧会〉シリーズには、ほかに中国篇とロシア篇…

『妖盗S79号』泡坂妻夫(河出文庫)★★★★★

『妖盗S79号』泡坂妻夫(河出文庫)「第一話 ルビーは火」(1979)★★★★★ ――会社が倒産して無職になった松本は、海水浴場の監視員のアルバイトをすることになった。そのうち常連に気づいた。まずは学生の四人連れだ。それからオープンシャツを着た初老の二人…

『リボルバー・リリー』長浦京(講談社文庫)★★★★☆

『リボルバー・リリー』長浦京(講談社文庫) 2016年刊行。 大正時代の日本を舞台に、幣原機関でスパイとして育てられた女性が陸軍横領犯の息子を守るために、陸軍とヤクザと幣原の後輩を相手にひたすら格闘と銃撃戦を繰り広げる物語です。 文庫にして640ペ…


防犯カメラ