著者50音順き

【あ・い】 【う】 【え・お】 【か】 【き】 【く〜こ】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は・ひ】 【ふ】 【へ・ほ】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行】 【TV・映画】


【き】

キアナン、ケイトリン・R「縫い針の道」SM1508

キアナン、カイトリン・R「すべては回帰する」ナイトランド10

紀繇「吸血鬼の茶店」書物の王国12 吸血鬼

木内昇「てのひら」『日本文学100年の名作10』

菊池寛「仇討禁止令」『日本文学100年の名作3』

菊地秀行「猫のサーカス《シルク・ド・シャ》」『猫路地』

菊地秀行『トレジャー・キャッスル』

菊地秀行『幽剣抄』

菊地秀行「茂助に関わる談合」『怪異十三』

喜国雅彦・国樹由香『本格力』

貴志祐介「My Favorite SF」(28)「貴志祐介インタビュウ」(×大森望)SM0804

貴志祐介『新世界より』『狐火の家』インタビュー『ダ・ヴィンチ』0805

岸祐介(貴志祐介)「夜の記憶」SM0904

木地雅映子『氷の海のガレオン/オルタ』

木地雅映子「糖質な彼女」『和菓子のアンソロジー』

キージー、ロイ「待ち時間」『早稲田文学』2015冬

岸田國士/ケラリーノ・サンドロヴィッチ『犬は鎖につなぐべからず』

岸田るり子「決して忘れられない夜」MM0904

岸本佐知子『気になる部分』

岸本佐知子「翻訳小説食わず嫌いにとりあえずお薦めしたい何冊か」『yomyom』01

岸本佐知子×山崎まどか「わが世界文学けもの道」『ユリイカ』0803

岸本佐知子「出会い頭5本勝負」『yomyom』03

岸本佐知子×川上弘美『IN★POCKET』

岸本佐知子「カブトムシ日記 2007年8月−10月」「アーヴィング解説」(yomyom5・4)

岸本佐知子『文藝』2009年春 柴田元幸特集

キシュ、ダニロ『砂時計』

キシュ、ダニロ「見知らぬ人の鏡」『東欧怪談集』

北杜夫「茸」『きのこ文学名作選』

北杜夫「夢一夜」『文豪ノ怪談 夢』

紀田順一郎・東雅夫編『日本怪奇小説傑作集3』

紀田順一郎「古本屋探偵の誕生と死」MM0709

北田おか(尾火)「マグロ」「さよなら畜生」

北野勇作「カメリ、テレビに出る」

北野勇作「蟻の行列」『贈る物語 Wonder』

北野勇作「My Favorite SF」SM0710

北野勇作「カメリ、子守りをする」SM0812

北原尚彦「結ばれた黄色いスカーフの事件」『ミステリーズ』50

北原尚彦「怪盗対犯罪王」MM1811

北原白秋「夜」『リテラリーゴシック』

北村薫『北村薫のミステリー館』

北村薫「半世紀を照らした灯台」MM0607

北村薫「大きな木の下で」『ダ・ヴィンチ』0611

北村薫アンケート(MM0706)

北村薫「近代文学探訪 夏目漱石『門』」『ダ・ヴィンチ』0712

北村薫インタビュー『ミステリびっくり箱』『1950年のバックトス』(『ダ・ヴィンチ』0712)

北村薫『語り女たち』

北村薫×宮部みゆき対談『ダ・ヴィンチ』0809

北村薫『野球の国のアリス』

北村薫×有栖川有栖×中村有希「クイーン新訳記念鼎談」『ミステリーズ』50

北村薫『街の灯』

北村薫「ビスケット」『探偵Xからの挑戦状3』

北村薫「しりとり」『和菓子のアンソロジー』

北村薫『玻璃の天』

北村薫『朝霧』

北村薫他『吹雪の山荘』

北村薫『太宰治の辞書』

北村薫「ものがたり」『日本文学100年の名作8』

北村薫×有栖川有栖×宮部みゆき鼎談 ミステリーズ100

北村薫×有栖川有栖×山口雅也鼎談、北村薫「宇宙の会見」「世もすえ」、「奇想天外史上最強ミステリ映画祭」、「ミステリ宮中歌会始の儀」奇想天外21世紀版

北山猛邦『猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数』

北山猛邦『踊るジョーカー』

北山猛邦「さくら炎上」『街角で謎が待っている』

紀野恵「だいあろおぐあきらめに似て照る月は言葉の海を笑つてゐるのさ」

木下古栗「デーモン日暮」『リテラリーゴシック』

木下古栗「天使たちの野合」『変愛小説集 日本』

キプリング『プークが丘の妖精パック』

キプリング、ラドヤード「王になろうとした男」『諸国物語』

キプリング、ラドヤード「獣の印」『怪奇小説精華』

金達寿「朴達の裁判」『世界文学全集3-5 短篇コレクション1』

ギャヴィン、リチャード「融合」ナイトランド12

ギャスケル、エリザベス「老いた子守り女の話」『ゴースト・ストーリー傑作選』

キャディガン、パット「スシになろうとした女」SM1403

木山捷平「軽石」『日本文学100年の名作6』

ギャリコ、ポール「最高傑作」『ディナーで殺人を』上

キャロル、ルイス作『不思議の国のアリス』(トーベ・ヤンソン画/村山由佳訳)

キャロル、ジョナサン「知らされた男」(Ms17)

キャロル、ジョナサン『パニックの手』

キャロル、ルイス『スナーク狩り』

キャロル、ルイス/トーベ・ヤンソン『スナーク狩り』

キャンベル、ギルバート「コストプチンの白狼」『狼女物語』

キャンベル、ジャック「ベティ・ノックスと……」SM1303

キャンベル、ラムゼイ「ハイストリートの教会」『漆黒の霊魂』

キャンベル、ラムジー「マッキントッシュ・ウィリー」ナイトランド6

キャンベル、ラムジー「世界の上で」ナイトランド11

キャンベル、ラムジー「ジャックの小さな仲間」ナイトランド13

キャンベル、ラムジー「ジャスパーはそこにいる」幻想と怪奇3

キャンベル、ラムジー「悪夢」幻想と怪奇6

キャンベル・ジュニア、ジョン・W『月は地獄だ!(1)』SM6205

キャンベル・ジュニア、ジョン・W『月は地獄だ!(2)』SM6206

邱永漢「毛澤西」『日本文学100年の名作5』

今日マチ子「0時限 3限め 雪の日」『別冊文藝春秋』0801

狂言集「くさびら」『きのこ文学名作選』

京極夏彦「旧耳袋」5(幽5)

京極夏彦『今昔続百鬼―雲』

京極夏彦「『邪魅の雫』ついに刊行」インタビュー『ダ・ヴィンチ』0611

京極夏彦×水沫流人『ダ・ヴィンチ』0703

京極夏彦『陰摩羅鬼の瑕』

京極夏彦『前巷説百物語』インタビュー『ダ・ヴィンチ』0706

京極夏彦他『見えない世界の覗き方』

京極夏彦×宮部みゆき「耳袋と江戸の怪」『幽』006

京極夏彦ほか「旧耳袋」「幽談 手首を拾う」「第一回『幽』怪談文学賞選評」『幽』006

京極夏彦×尾上菊之助「怪談と日本人の文化を語る」『ダ・ヴィンチ』0708

京極夏彦インタビュー(鬼太郎グッズ)『ダ・ヴィンチ』0802

京極夏彦・多田克己・村上健司「『しゃばけ』座談会」『ダ・ヴィンチ』0803

京極夏彦『前巷説百物語』

京極夏彦「狐者異」

京極夏彦『妖怪の理 妖怪の檻』

京極夏彦「角川文庫かわら版」『ダ・ヴィンチ』0808

京極夏彦『百鬼徒然袋――風』

京極夏彦『幽談』インタビュー『ダ・ヴィンチ』0809

京極夏彦『対談集 妖怪大談義』

京極夏彦『邪魅の雫』

京極夏彦「歪み観音」『眩談』『幽』013

京極夏彦×諸星大二郎『幽』015

京極夏彦×黒史郎『幽』16

京極夏彦「逃げよう」『リテラリーゴシック』

京極夏彦『今昔百鬼拾遺 鬼』

京極夏彦『今昔百鬼拾遺 河童』

京極夏彦『今昔百鬼拾遺 天狗』

今日泊亜蘭「綺幻燈玻璃繪噺」SM0809

キラ=クーチ、アーサー「プシュケー」『ミステリーズ』54

クィラ=クーチ、アーサー「暗礁の点呼」『イギリス怪談集』

キラ=クーチ、アーサー「一対の手」『ファイン/キュート』

霧舎巧『新本格もどき』

霧舎巧『新・新本格もどき』

桐野夏生『メタボラ』インタビュー『ダ・ヴィンチ』0707

桐野夏生「アンポス・ムンドス」『日本文学100年の名作10』

ギルバート、マイクル「コールマンの泣きどころ」MM0606

ギルバート、マイクル「読めない遺言書」「壜の中のコルク」「ジュディス」「殺人計算法」他(MM0605)

ギルバート、マイケル「ニシンのジャム事件」『ディナーで殺人を』下

ギルバート、マイケル「五年で戻ります」MM2009

キルパトリック、ナンシー「忘れないで」ナイトランド・クォータリー03

キルパトリック、ナンシー「健康で文化的な怪物の生活」ナイトランド16

ギルフォード、C・B「探偵作家は天国へ行ける」『天外消失』

ギルマン、シャーロット・パーキンズ「黄色い壁紙」『淑やかな悪夢』

ギルマン、シャーロット・パーキンズ「藤の大樹」『ゴースト・ストーリー傑作選』

ギルマン、シャーロット・パーキンス「藤の大木」幻想と怪奇5

キローガ、オラシオ「オレンジ・ブランデーをつくる男たち」『エソルド座の怪人 異色作家20』

キローガ、オラシオ「羽根まくら」『怪奇小説精華』

キーン、キャロリン『古時計の秘密』

金嬉老『われ生きたり』

キング、シャーウッド『上海から来た女』

キング、スティーヴン「新・死霊伝説(〈ジェルサレムズ・ロット〉の怪)」Vampコレ

キングスフォード、アンナ「断崖館――ある幽霊物語」幻想と怪奇6

銀林みのる『鉄塔武蔵野線』

【あ・い】 【う】 【え・お】 【か】 【き】 【く〜こ】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は・ひ】 【ふ】 【へ・ほ】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行】 【TV・映画】


防犯カメラ